今日から始めるモバイル決済
連載
» 2022年01月28日 12時39分 公開

追加で1万5000円相当を還元! 「マイナポイント第2弾」で準備すべきことスマホ決済のお得な活用術(1/2 ページ)

「マイナポイント第2弾」がスタート。健康保険証の利用申し込みや公金受取口座の登録についても6月頃開始する予定だ。既に第1弾の特典を受け取った人も、追加で1万5000円相当の特典を受け取れるので、ぜひ手続きをしておきたい。

[綿谷禎子,ITmedia]

 ポイントやお得なことが大好物。そんな筆者が今、注目しているのが「マイナポイント第2弾」だ。「マイナポイント」とは、総務省が実施するマイナンバーカード取得者を対象としたポイント還元事業。

 「第1弾」は2020年9月から実施され、対象となる決済サービスで2万円分の買い物やチャージをすると、上限5000円相当のポイントが付与された。

「マイナポイント第2弾」が2022年1月1日にスタート

 「第2弾」には3つの施策が用意されている。1つ目は第1弾と同じ内容。マイナンバーカードは取得したものの、第1弾に申し込んでいない人、まだマイナンバーカードを取得していない人、第1弾に申し込んだもののポイントを上限の5000円相当まで受け取っていない人を対象に、買い物やチャージ金額の25%分のポイント(上限5000円相当)が付与される。

マイナポイント 「マイナポイント」サイト

 筆者は「マイナポイント」には第1弾で参加済み。日々の交通や駅ナカ施設の買い物で使いやすい「Suica」を選択し、当時、行われていた「Suica」のキャンペーンを含めて、6000円相当のJRE POINTを獲得した。

 マイナポイントには「Suica」「nanaco」「WAON」などの電子マネー、「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」などのQRコード、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなど、100以上の事業者が参加。選び方は、自分がよく使うサービス、最寄りに利用できる店舗が多いサービスなどで選ぼう。お得なキャンペーンを実施しているサービスを選択するのもアリだ。

健康保険証の利用申し込みや公金受取口座の登録は6月頃開始予定

 既に「マイナポイント第1弾」でポイントを獲得している筆者が楽しみにしているのが、2つ目と3つ目の施策。マイナンバーカードを健康保険証として利用申し込みをした人(既に行った人を含む)に7500円相当のポイント付与。公金受取口座の登録を行った人に7500円相当のポイント付与する。つまり追加で1万5000円相当のポイントがもらえるのだ。

 マイナンバーカードは2021年10月20日から健康保険証として利用できるようになった。対応する(オンライン資格確認を導入している)医療機関や薬局は徐々に拡大中で、「2023年3月末にはおおむね全ての医療機関等での導入を目指す」としている。

 そして公金受取口座の登録というのは、自分の預貯金口座を1人1口座、給付金などの受け取りのための口座として登録しておくもの。口座登録手続きの開始は政府が運営するオンラインサービス「マイナポータル」で、4月頃を予定している。

 いずれも申し込みは6月頃に開始予定。申込期限は2023年2月末までで、マイナンバーカードの申請期限は9月末までとなっている。

マイナポイント マイナポイント第2弾のスケジュール(マイナポイントサイトより)

マイナンバーカードを健康保険証として使えるメリット

 マイナンバーカードを健康保険証として利用できるメリットは、転職や結婚、引っ越しをしたときに、新しい健康保険証の発行を待たずに、自身で行う手続きが完了次第、マイナンバーカードで医療機関や薬局を利用できること。

 診察時に健康保険証の持参はもちろん、限度額適用認定証などの書類の提出も不要になる。限度額適用認定証は、手術などで医療費が高額になりそうなときに、事前に提出しておくことで、窓口での支払いが自己負担限度額になるというもの。後から申請することで自己負担限度額を超えた額は払い戻されるものの、一時的に大きな支払いとなるので、それがマイナンバーカード対応の医療機関では原則、書類の提出をしなくても限度額が適用されるようになる。なお、医療機関の窓口への持参が不要になる書類には以下のようなものがある。

  • 保険者証類(健康保険被保険者証 / 国民健康保険被保険者証 / 高齢受給者証等)
  • 被保険者資格証明書
  • 限度額適用認定証 / 限度額適用・標準負担減額認定証
  • 特定疾病療養受療証

 その他、「マイナポータル」にマイナンバーカードを使ってアクセスすることで、自身の薬剤情報、特定健診情報、医療費通知情報を閲覧できるようになる。医療費のデータがあるので、確定申告の医療費控除の手続きもマイナポータルから簡単にできるようになる。

 筆者は既にマイナンバーカードの健康保険証利用申し込みを行った。マイナンバーカード読取対応のスマホ(iOS 13.1以上、Android 6.0以上)を持っている人なら、スマホから手軽に申請することができる。セブン銀行ATMからも申請できるが、ここではスマホでの申請方法を説明する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年