連載
» 2016年12月17日 06時00分 UPDATE

iPhoneのライトを素早くオンにする方法

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「ライトを素早くオンにする方法」です。

 暗い場所でモノを探すときなど、日常生活のちょっとした場面で役立つiPhoneのライト機能。iOS 7から標準となったこの機能の便利な使い方を紹介します。

 ライトをつけるときは、ホーム画面の最下部を下から上にスワイプして「コントロールセンター」を開きましょう。このコントロールセンターの左下に書かれた懐中電灯のイラストをタップすると、ライトが点灯します。

 ライトを消したいときには、このボタンを再度タップすれば消えるのですが、もっと簡単にライトを消す方法があります。iPhoneの画面ロック時に、ロック画面を左側にスワイプすると、カメラが起動し、ライトが消えるようになっています。ライトのオン/オフが楽にできるので、覚えておくと便利です(iOS 10で検証)。小技ではありますが、こうしたショートカットを知っておくと、iPhoneの使い勝手もさらによくなります。

 また、目立たない機能にはなりますが、「iPhone 7」はライトの調光機能を備えています。コントロールセンターのライト機能のボタンを強めに長押しすると、「明るい」「普通」「暗い」の3段階からライトの明るさを選ぶことができます。通常のようにただ長押しするのではなく、“強め”に長押しするのがポイント。iPhone 7は従来のiPhoneよりもライトが強く光るため、この機能を知っておくといいでしょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう