連載
» 2017年05月01日 11時18分 UPDATE

iPhone Tips:画像を送るのに便利なAirDrop機能って?

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「AirDropの使い方」です。

 iPhoneにだけある「AirDrop」という機能を使ったことはありますか? 写真やWebサイト、連絡先、位置情報などを、近くにある他のApple製の端末と素早く共有できる機能です。Wi-FiやBluetoothをオンにしたときのみ使用できます。

 まずAirDropの基本的な使い方のうち、受信設定から紹介していきます。

 画面を下から上にスワイプすると表示される「コントロールセンター」を開いて、AirDropの受信設定を行います。コントロールセンターの中央右端に「AirDrop」と書かれた項目があるのでタップします。すると、「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」と書かれた画面が表示されるので、連絡先に登録された人からのAirDropを受信したい場合は「連絡先のみ」をタップ、連絡先に関係なく受信したい場合は「すべての人」をタップします。

 ここで「すべての人」を選択すると、周囲にいる知らない人からのデータも受信できてしまうので注意が必要です。普段はAirDropをオフにしておき、使うときだけ「連絡先のみ」または「すべての人」をオンにするのがよいでしょう。

 相手からデータが送信されると、ホーム画面にポップアップ通知が表示されるので、「辞退」か「受け入れる」をタップして選択すれば、データを受け取れます。

 次に送信したい場合の使い方を説明していきます。今回は使う頻度が高そうな写真アプリから画像を共有する方法をご紹介しましょう。

 まず写真アプリを開いて、共有したい画像を選択し、画面左下にある上矢印が書かれたアイコンをタップします。送信相手にはAirDropで「連絡先のみ」か「全員」で受信できるように設定してもらいます。

 すると画面の中央に円盤状のアイコンが表れた後に、相手の名前を示す項目が表れます。これをタップすれば送信できます。

 もし自分と相手とも送受信がうまくいかなかった場合は、以下を確認してみてください。

  • Wi-FiとBluetoothがオンになっているか
  • 相手がBluetoothやWi-Fiの通信範囲に入っているか
  • 相手がAirDropを受信する設定にしているか
  • 自分が連絡先に登録されているか

 AirDropで画像を送ると、自動的に相手の写真アプリに格納されるのが便利なところ。もし友達がiPhoneを使っていたら一度お試しください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう