ニュース
» 2017年09月04日 12時12分 公開

ドコモ、9月4日から下り最大788Mbpsに高速化 東名阪の一部地域で

NTTドコモが、LTEサービスを下り最大682Mbpsから788Mbpsまたは738Mbpsに高速化。788Mbpsは東名阪の一部エリアで利用できる。対象機種のソフトウェア更新で実現する。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが9月4日、下り最大788Mbps(理論値)の通信サービスを東名阪の一部エリアで、それ以外の地域では738Mbpsの通信サービスを開始した。いずれも下り最大682Mbpsから高速化される。対象となるのは全国250都市で、4日時点では関東甲信越管内が対象。上り速度は50Mbpsで変わらない。

ドコモ788Mbps

 対象機種は「Wi-Fi STATION N-01J」「Xperia XZ Premium SO-04J」「AQUOS R SH-03J」「Galaxy S8+ SC-03J」で、ソフトウェア更新によって高速化に対応する。N-01Jは9月以降に対応する予定。

 下り最大788Mbps/738Mbpsは、3つの周波数帯を重ねた「キャリアアグリゲーション」と、無線通信の変調方式「256QAM」、基地局と端末に4本ずつのアンテナを搭載する「4×4 MIMO」に加え、4×4 MIMOの伝送モードを最適化し、制御信号を減らしてデータ量を増加させることでを実現する。

 周波数帯の組み合わせパターンは、788Mbpsが3.5GHz帯(下り最大294Mbps)×2と1.7GHz帯(下り最大200Mbps)、738Mbpsが3.5GHz帯(下り最大294Mbps)×2と2GHz帯(下り最大150Mbps)。

ドコモ788Mbps 下り最大788Mbpsの仕組み
ドコモ738Mbps 下り最大738Mbpsの仕組み

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう