ニュース
» 2017年09月21日 11時46分 公開

Google、HTCのPixelチーム買収を正式発表

Googleが、HTCのPixel端末関連チームを買収すると発表した。買収総額は約11億ドル(約1237億円)。HTCの人材はGoogleのハードウェア部門に参加する。HTCはスマートフォンとVIVEを含むVR製品の提供を続ける。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月21日(現地時間)、台湾HTCとハードウェア部門の人材を買収する契約を締結したと発表した。買収総額は約11億ドル(約1237億円)。この契約にはまた、HTCの知財を非独占的にライセンスすることも含まれる。

 htc 4

 GoogleがHTCのスマートフォン部門を買収するといううわさは以前からあった。Googleの公式ブログには「HTCの才能ある人々がハードウェア組織としてGoogleに加わる」とあり、また「これらの未来のGooglerたちはこれまでPixelシリーズのスマートフォンで協力してきた人々だ」とある。

 この発表のブログを書いたのは、Googleが2012年に買収し、2014年に中国Lenovoに売却したMotorola Mobilityの社長だったリック・オステルロー氏。同氏は現在、Googleのハードウェア部門担当の上級副社長を務めている。

 同氏は、ハードウェア部門の目標はハードウェア、ソフトウェア、サービスを統合する最上のGoogle体験を世界中の人々に提供することだと語り、今回のHTCの一部買収はその実現のための一歩だとしている。

【UPDATE】別途公開されたプレスリリースによると、HTCはスマートフォン部門全体を売却するわけではなく、今後も独自ブランドのスマートフォンを提供していくという。また、うわさ通り「VIVE」を含むVR部門およびIoT部門も継続する。

 Googleは10月4日にHTC製の「Pixel 2」を含む「Made by Google」製品を発表する計画だ。発表イベントは日本時間の5日午前1時からYouTubeでライブ配信される。

 htc 2

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう