ニュース
» 2018年01月31日 16時45分 公開

LINEモバイルとソフトバンクがMVNO事業で提携

LINEモバイルとソフトバンクが提携。格安SIMサービス「LINEモバイル」の成長が目的。出資比率はLINEが49%、ソフトバンクが51%の予定。

[田中聡,ITmedia]

 LINEモバイルとソフトバンクが、MVNO事業「LINEモバイル」の成長を目的とする戦略的提携を進める合意を交わした。

 提携の内容は、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける「資本提携」と、MVNO事業推進のための「業務提携」。詳細は今後の両社協議により決定する。

 今後、LINEモバイルは、LINEとソフトバンクのもとに事業を行う。取引は2018年3月頃に完了する予定で、出資比率はLINEが49%、ソフトバンクが51%となる予定。

LINEモバイル ソフトバンクのプレスリリース

 2016年に開始したLINEモバイルは、LINE、Twitter、Facebook、InstagramやLINE MUSICなどのデータ通信量をカウントしない「カウントフリー」を特徴とするMVNOサービス。LINEのみカウントフリーにする「LINEフリー」なら月額500円(税別)から利用できる。

 現在、LINEモバイルのサービスはNTTドコモの回線を使っているが、ソフトバンクとの提携により、ソフトバンク回線を使ったプランや、独自のサービスが生まれることが期待される。あるいはソフトバンクが展開している「Y!mobile」とは違った“サブブランド”のような形になるのかもしれない。

LINEモバイル LINEモバイルの、SNSの通信量をカウントしない「コミュニケーションフリープラン」

 (20:39追記)LINEモバイルは、「LINEやオンライン上であらゆる手続きやサービスをワンストップで受けられるような、モバイル通信のあるべき形を目指し、これまで以上に快適なスマートフォンによるコミュニケーション環境を提供する」とコメント。社長は嘉戸彩乃氏で変わらない。なお、現LINEモバイルユーザーは、引き続きサービスを利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう