連載
» 2018年03月03日 10時00分 公開

au Design project初号機 MoMAなどに永久所蔵されたケータイ「INFOBAR」(懐かしのケータイ)

ケータイのデザインを追求する「au Design project」の第1弾モデルにして、最も印象に残る「INFOBAR」。そのデザインは、後にスマートフォンとしても登場するほどの人気ぶりでした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、au(KDDI・沖縄セルラー電話)の三洋マルチメディア鳥取(現・三洋テクノソリューションズ鳥取)製ケータイ「INFOBAR」(A5307ST)です。

「INFOBAR」(正面)
「INFOBAR」(背面) 「INFOBAR」

 INFOBARは、ケータイの新しいデザインを追求する「au design project」の第1弾として登場した製品です。

 プロダクトデザイナーの深澤直人氏がデザインしたイメージモック「info.bar」を基に製品化したもので、2つ折りケータイが主流となっている中で薄型ストレートボディを採用し、大きなタイルキーが隙間なく並んでいるのが特徴でした。

アンテナを伸ばした図
カメラ、スピーカー回り

 「ビジネスシヨウ 2002 TOKYO」で、そのイメージモックが参考出展されると同時に大きな反響を呼びました。発売当初も売り切れ店が続出するほどで、高い人気ぶりをうかがわせました。

 カラーバリエーションの中で「NISHIKIGOI」は特に人気が高く、後に発売された「INFOBAR2」や、スマートフォンになった「INFOBAR A01」「INFOBAR C01」「INFOBAR A02」「INFOBAR A03」でも採用されています。

キー回り
左側面

 INFOBARは2003年度に日本の「グッドデザイン賞」、2005年にドイツの「iFデザイン賞」を受賞。さらに、2007年には「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」、2013年には「インディアナポリス美術館」の永久収蔵品として選定されるなど、国内外でそのデザイン性が高く評価されています。

ロゴ回り
手に持った様子

(機材協力:携帯市場)

「INFOBAR」(A5307ST)の主な仕様

  • 発売日:2003年10月31日
  • キャリア:au
  • メーカー:三洋マルチメディア鳥取
  • サイズ:約42(幅)×138(高さ)×11(奥行き)mm
  • 重量:約87g
  • メインディスプレイ:2.0型(132×176ピクセル)TFT液晶 6万5536色
  • アウトカメラ:有効約31万画素CCD
  • ボディーカラー:NISHIKIGOI、ICHIMATSU、BUILDING、ANNIN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう