連載
» 2018年04月08日 10時00分 公開

スマホの走り? タッチ対応のコンパクトコラボケータイ「PRADA Phone by LG L852i」

LG Electronicsが2007年にグローバルで発表した「「PRADA Phone by LG」。日本でも翌年6月にFOMAケータイとして登場しました。タッチパネルを備え、タッチペンも付属していました。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのLGエレクトロニクス製ケータイ「PRADA Phone by LG L852i」です。

PRADA Phone by LG L852i(正面)
PRADA Phone by LG L852i(背面) PRADA Phone by LG L852i

 L852iは、LG Electronicsが2007年1月に発表した「PRADA Phone by LG KE850」の日本向けモデルに相当します。

 KE850はGSM/EDGE(日本・韓国以外で採用された第2世代移動体通信規格)対応モデルでしたが、L852iではW-CDMA(3G)対応を果たし、日本国内でも問題なく利用できるようになりました。その代わり、GSM/EDGE通信機能はカットされてしまったのですが……。

左側面
右側面

 3型液晶ディスプレイを搭載し、画面にはタッチセンサーを備えました。物理的なテンキーはなく、基本操作は全てタッチでまかないました。ある意味で現在のスマートフォンに通じる面もあります。タッチ操作の補助を目的に、タッチペンも付属していました。

 アウトカメラは200万画素CMOSセンサーで、ドイツのレンズメーカー「Schneider Kreuznach(シュナイダー・クロイツナッハ)」認定のレンズを組み合わせていました。

 付属品の本体ケースには「PRADA」ロゴが入っており、所有感も高いケータイでした。

付属のペン
付属のケース

「PRADA Phone by LG L852i」の主な仕様

  • 発売日:2008年6月1日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:LGエレクトロニクス
  • サイズ:約54(幅)×101(高さ)×12.7(奥行き)mm
  • 重量:約92g
  • メインディスプレイ:3型ワイドQVGA(240×400ピクセル)TFT液晶
  • アウトカメラ:200万画素CMOS
  • インカメラ:約30万画素CMOS
  • ボディーカラー:Black、Silver(12月に追加発売)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう