ニュース
» 2018年05月10日 10時00分 公開

「AQUOS R2」、ソフトバンクから6月上旬以降に発売 超広角の動画専用カメラを搭載

ソフトバンクがシャープの最新スマホ「AQUOS R2」を6月上旬以降に発売する。静止画用と動画用のカメラを搭載しており、それぞれで最適な画角やAFで撮れる。価格は9万円台前半。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクが、シャープの最新スマートフォン「AQUOS R2」を2018年6月上旬以降に発売する。発売に先立ち、5月18日に予約受付を開始する。価格(税込、以下同)は一括9万3120円、月月割の24回分を引いた実質価格は新規契約と機種変更が4万5120円、MNPが1万6320円。カラーはローズレッド、プレミアムブラック、プラチナホワイトの3色展開。

AQUOS R2 「AQUOS R2」
AQUOS R2 カラーはローズレッド、プレミアムブラック、プラチナホワイト

 背面に、静止画用と動画用の2つのカメラを搭載しているのが大きな特徴。有効約2260万画素の静止画用カメラには、焦点距離(35mmフィルム換算)が22mmの広角レンズを採用。F値は1.9だ。機械学習をベースにしたAIが、人、料理、犬、猫などの被写体を識別し、最適な画質で撮影する設定を用意した。

 有効約1630万画素の動画用カメラは画角が135度、焦点距離(35mmフィルム換算)が19mm。静止画用カメラよりも広角に撮れる他、手前から奥までピントを合わせられるディープフォーカスに対応。動画撮影中に、AIが認識した被写体を自動で撮影する機能も用意した。

 ディスプレイは、アスペクト比が19:9のWQHD+(1440×3040ピクセル)のIGZO液晶を採用。スマートフォンとして世界で初めて(シャープ調べ)、HDR映像方式の映像技術「Dolby Vision」と立体音響技術「Dolby Atmos」の両方をサポートしている。

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 845を採用。内蔵ストレージは64GB、メインメモリは4GB、バッテリー容量は3130mAh。IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)もサポートする他、おサイフケータイやワンセグ/フルセグにも対応する。通信速度は下り最大774Mbps、上り最大37.5Mbps。

「AQUOS R2」の主な仕様
機種名 AQUOS R2
メーカー シャープ
OS Android 8.0
プロセッサ Snapdragon 845/2.6GHz 4コア+1.7GHz 4コア
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大400GB)
ディスプレイ 約6.0型WQHD+ TFT液晶
解像度 1440×3040ピクセル
連続通話時間 約1830分(FDD-LTE)、約1710分(W-CDMA)、約870分(GSM)
連続待受時間 約585時間(FDD-LTE)、約580時間(AXGP)、約685時間(W-CDMA)、約580時間(GSM)
バッテリー容量 3130mAh
アウトカメラ 有効約2260万画素CMOS(静止画用)+有効約1630万画素CMOS(動画用)
インカメラ 有効約1630万画素CMOS
ボディーカラー ローズレッド、プレミアムブラック、プラチナホワイト
サイズ 約74(幅)×156(高さ)×9(奥行き)mm
重量 約181g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう