レビュー
» 2018年05月18日 06時00分 公開

デザインとカメラを刷新 写真で解説する「Xperia XZ2 Premium」

夏のハイエンドモデルとして注目機種の1つである「Xperia XZ2 Premium」。Xperiaで初めて背面にデュアルカメラを搭載したのが大きな特徴。そのカメラの詳細やサイズ感などを確認した。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ2 Premium」が、2018年夏にNTTドコモとKDDIから発売される。最大の特徴は、Xperiaで初めて背面にデュアルカメラを搭載したこと。デュアルカメラ搭載のスマートフォンは数多く登場しているが、Xperia XZ2 Premiumでは何ができるのか。実機を写真で見ながら解説していく。写真は全てau向け「Xperia XZ2 Premium SOV38」のもの。

Xperia XZ2 PremiumXperia XZ2 Premium 「Xperia XZ2 Premium」のクロムブラック
Xperia XZ2 PremiumXperia XZ2 Premium クロムシルバー

 Xperia XZ2 Premiumのデュアルカメラは、約1920万画素のカラーセンサーと約1220万画素のモノクロセンサーで構成されている。カラーセンサーで読み取った色情報とモノクロセンサーで読み取った輝度情報を融合させ、ソニーが独自に開発した画像融合処理プロセッサ「AUBE」を掛け合わせることで、暗所でも明るく撮影できるようになった。

Xperia XZ2 Premium 背面に2つのカメラを搭載。上がモノクロ、下がカラーのセンサー
Xperia XZ2 Premium カメラの詳細

 auの説明会では、Xperia XZ2 PremiumとXperia XZで撮影したボックスの動画を見比べるデモを行っていたが、確かにXZ2 Premiumの方が鮮明に記録できていた。ソニーモバイルの製品サイトでは、子どもが暗がり花火をするシーンを動画で鮮明に撮影している様子を紹介している。あくまでイメージだが、実際にこのような撮影ができることが期待される。

Xperia XZ2 Premium Xperia XZ2 PremiumとXZで撮影した動画の比較

 最大ISO感度は、静止画撮影時が従来の12800から51200へ、動画撮影時が従来の4000から12800へ向上している。動画のISO12800は、スマートフォンでは世界最高の数字だという(ソニーモバイル調べ)。

 プレミアムおまかせオートに設定しているときは、環境によってISO感度が自動で調整されるが、マニュアルモードにすると、手動でISO感度を固定できる。このマニュアルモードでは、撮影画面からワンタッチでデュアルモードオフにしてカラーセンサーだけで撮影することもできる。2つのカメラが使われているかどうかは、撮影画面のアイコンから確認できる。

Xperia XZ2 Premium
Xperia XZ2 Premium マニュアルモード時には、画面のアイコンからデュアルカメラ/シングルカメラを切り替えられる
Xperia XZ2 Premium
Xperia XZ2 Premium マニュアルモード時には、静止画(上)は最大51200、動画(下)は最大12800までISO感度を手動で上げられる

 2つのカメラを活用して被写体の背景を自然にぼかす機能や、モノクロセンサーを使ったモノクロ撮影も可能だが、こちらは2018年8月以降に実施するソフトウェアアップデートで提供する予定。

 カラーセンサー+モノクロセンサーという構成はHuaweiのスマートフォンでもおなじみだが、Xperia XZ2 Premiumでは独自の画像処理を加えた“超高感度の静止画&動画”が特徴といえる。

Xperia XZ2 Premium プレミアムおまかせオートで設定できる撮影サイズ
Xperia XZ2 Premium デュアルカメラはオートかオフを選べる
Xperia XZ2 Premium 動画撮影は4Kサイズまでをサポート
Xperia XZ2 Premium 意外と採用メーカーの少ない、側面のカメラボタンは継続して搭載している。カメラを素早く起動できるのはもちろん、撮影時のタッチブレを抑えられるのが良い

 インカメラは、Xperia XZ2/XZ2 Compactの約500万画素よりスペックの高い約1320万画素だが、その分、ディスプレイ上のベゼルはXZ2よりも広くなっている。

Xperia XZ2 Premium 有効約1320万画素のインカメラを搭載
Xperia XZ2 Premium Xperia XZ2(左)よりもベゼルが太い
Xperia XZ2 Premium
Xperia XZ2 Premium サイズ感の比較。丸みを帯びたデザインは2機種とも共通している

 デザインや持ちやすさについても触れておきたい。Xperia XZ2 Premiumは幅が約80mm、重さが約234g(SOV38の場合)とあって、第一印象は「デカイ、重い」というのが正直なところ。XZ2 Premiumの画面サイズは5.8型だが、他の6型前後のスマホと比べても、大柄で重い。例えば6.1型の「HUAWEI P20 Pro」は幅約74mmで重さは約180g、約6型の「AQUOS R2」は幅約74mmで重さは約181g。このくらいのサイズ感に慣れていると、XZ2 Premiumは余計に大きく重く感じた。

 重さは慣れれば違和感ないかなというレベルだが、約80mmの幅は、明らかに持ち心地や片手での操作性が変わるので、購入を検討している人は実機で操作感を確認してほしい。Xperia XZ2 Premiumの画面アスペクト比が最近のトレンドである18:9や19:9ではなく従来の16:9であることも、太くなったことに影響している。縦長4Kディスプレイの調達は難しいのかもしれないが、縦長ディスプレイにはキャッチアップしてほしかったところだ。

 Xperia XZ1以前の一枚板のようなデザインは大きく変えてきた。背面から側面にかけて大きなカーブを描いており、手のひらへのフィット感は良好だ。一方、背面の指紋センサーが中央に近い位置にあるのが気になった。少し指を曲げるか、握り位置を変えないとスムーズに触れない。そのすぐ上に2つのカメラがあるが、ロックを解除する際、カメラを誤って触ってしまいそう。慣れの問題かもしれないが……。

Xperia XZ2 Premium 丸みを帯びているが、厚さが約11.9mmに増えてしまった
Xperia XZ2 Premium 指紋センサーが触りにくい?
Xperia XZ2 Premium ホームボタンを搭載していないのだから、下のベゼルももう少し削ってほしいところ

 Xperia XZ2 Premiumは、ドコモとKDDIから発売される。他にXperia XZ2もKDDIとドコモから、Xperia XZ2 Compactがドコモから発売される。サイズ感はユーザーを選びそうだが、5.8型の4Kディスプレイや超高感度なデュアルカメラに魅力を感じる人は、検討の価値は大いにあるだろう。ただ、発売時期はドコモ向けが「2018年夏」、au向けが「2018年8月中旬」と遅めなので、今からだと3カ月ほど待つことになる。

Xperia XZ2 Premium 外部接続端子はUSB Type-C。3.5mmイヤフォンジャックは搭載されてない
Xperia XZ2 Premium
Xperia XZ2 Premium
Xperia XZ2 Premium

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう