ニュース
» 2018年06月29日 06時00分 公開

UQ mobileのiPhone SE、所により一括0円 月額料金も734円と破格の投げ売り

UQ mobileのiPhone SEが新規契約でも安くなっています。料金の内訳や買い方をご紹介。

[迎悟,ITmedia]

 「iPhone SEの月額利用料が毎月1000円以下」――こんな宣伝やポスターを、一部の携帯ショップで最近見かけるようになっています。

 他社からののりかえ、つまりMNP限定の販売施策や、大手キャリアから格安SIMへの切り替えといった月額利用料の価格抑制でもなく、「本体価格を含んだ新規契約」だといいます。

 従来の契約が高いと思っている人はもちろん、子どもに持たせる携帯を探している人にも魅力的な価格。その料金の内訳や「買い方」をご紹介します。記事内の価格は基本的に税込表記。

サブブランドが取り扱うiPhone SE

 UQ mobile、Ymobileといった大手携帯電話事業者の「サブブランド」として認知されている通信会社・ブランドのラインアップに用意されているiPhoneの中でも、スタンダードかつ安価なモデルに「iPhone SE」があります。

 これらの会社は毎月1980円からの月額利用料を打ち出しており、本体の分割価格を含めても3000円弱の月額で利用できることから「スマホの月額を安くしたい」「子ども用なので月々が安価なスマホを新規に契約したい」といった需要に応え人気を集めています。

UQ mobileでiPhone SE 32GBを購入した場合の月額料金

 上記は、UQ mobileでiPhone SE 32GBを購入した場合の月額料金です。

 UQ mobileでは「ぴったりプラン」もしくは「おしゃべりプラン」を選択した場合、最大24カ月間に渡り月額利用料を割り引く「マンスリー割」が適用されます。

 そのため、24回払いなら、分割価格を含めても月額利用料は毎月3000円を切りますし、一括で購入した場合なら月額734円。冒頭にも書いた「iPhoneの月額利用料が毎月1000円以下」となるのです(契約して1年間のみ。1年後〜満2年までの月額料金はそれぞれ1080円上がります)。

 また、「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」であれば、最大10回線まで「UQ家族割」への登録も可能です。適用期間中、2回線目以降の子回線には基本料へ毎月500円の割引が入るため、既にUQ mobileの回線があるご家族がiPhone SEを一括購入すれば、月額234円で1年間使うこともできます。

 ただし、最も安いiPhone SE 32GBでも本体の定価価格は4万円を超え、事務手数料も含めると店頭で5万円近い支払いが必要になります。月額利用料のためのイニシャルコストとはいえ決して安いとはいえませんし、分割で購入しても一括で購入しても総額は変わらないとなれば、無理に一括で支払うメリットはあまりありません。

一部の店舗でiPhone SEが投げ売りされている

 本体価格を「定価で考えるならば」、月額1000円とはならないのですが、最近ではiPhone SEの本体価格を独自に値引きする店舗が出てきているのです。

Twitterで「iPhone UQ 一括」と検索した結果

 上記はTwitterで「iPhone UQ 一括」と検索した結果です。新規契約か他社からののりかえ(MNP)で、iPhone SEを契約・購入する場合、5万円弱の本体代金を大幅に値引き購入できるキャンペーンを一部の店舗で実施しています。

 具体的にいくらで購入できるのかは、携帯電話本体の価格は水物ともいえるため、キャンペーン価格を随時確認し納得のいく価格を発信しているタイミングを狙っていくしかありません。

 総務省による廉価販売の規制を受けてか、ネット上に価格を掲載する店舗は以前に比べて少なくなってきてはいます。しかし電話で問い合わせれば答えてくれる店舗も多いですし、「一括0円」など価格を明記している店舗も見受けられます。

 安く新品のiPhoneを持ちたい方や、「iPhone X」など大きいiPhoneが手に合わない方などは、UQ mobileのiPhone SEを安く販売する取り扱い店舗をこの機に探してみてはいかがでしょうか。

ライター:迎悟

キャリアショップも家電量販店も併売店も経験した元ケータイショップ店員。携帯電話が好き過ぎた結果、10年近く売り続けていましたが、今はライター業とWeb製作をやっています。

連載:元ベテラン店員が教える「そこんとこ」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう