メディア

迎悟

キャリアショップも家電量販店も併売店も経験した元ケータイショップ店員。携帯電話が好き過ぎた結果、10年近く売り続けていましたが、今はライター業とWeb製作をやっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

大手キャリアがリリースするオンライン専用料金プラン(ブランド)に注目が集まっていますが、実は大容量プランや格安ブランドのプランも値下げされており、使い方次第ではオンライン専用料金プランよりも有利に使える可能性があります。楽天モバイルを含む4キャリアのプランは同選ぶべきなのか、「データ通信」の使い方から確認してみましょう。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

携帯電話ショップでは、携帯電話本体だけではなくオプション品やセキュリティソフトウェアも販売しています。しかし、SNSそれに伴うトラブルも散見されます。店頭スタッフにとって、オプション品の販売はどのような位置付けなのでしょうか。話を聞いてみました。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

菅義偉首相と武田良太総務大臣が主導する形で、携帯電話料金の値下げへの機運が高まっています。果たして、携帯電話販売に携わるスタッフにとって、この値下げは「恩恵」となるのでしょうか。それとも……。本音を聞いてみました。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、大手キャリアは3月から順次、キャリアショップの時短営業や受付業務の限定といった措置を講じました。このことがキャリアショップにもたらした影響は、意外と大きなものかもしれません。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

5G通信サービスが本格的に始まったこともあり、スマートフォン(携帯電話)の買い換えを検討している人もいると思います。3G/LTEからの機種変更は「契約変更」でプラン変更がどうしても不可避なのですが、問題はその“タイミング”です。今回は、プラン変更の適用タイミングについて解説します。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

NTTドコモがFOMAのサービス終了を予告したことで、「3Gサービスの終了」に注目が集まりました。とりわけ、3Gケータイを使っているユーザーにとっては死活問題ですが、携帯電話の販売現場はどうなっているのでしょうか。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

先日、あるドコモショップで「オプションサービスのベタ付け」にまつわる問題が発生し、当該ショップの委託元であるNTTドコモと、運営元(委託先)の兼松コミュニケーションズが謝罪する事態に追い込まれました。他キャリアで問題になった「SDメモリーカードの分割払い販売」と合わせて、実は以前から度々発生しているものなのですが、一体なぜなくならないのでしょうか……?

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

スマートフォンやケータイを店頭で買おうとすると、機種代金とは別に「頭金」を支払わなくてはならないケースがあります。携帯電話販売における「頭金」は、世間一般の頭金とは考え方が異なり、それに起因するトラブルもあります。一体「頭金」とは何なのでしょうか。そして、なぜ存在するのでしょうか。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

あるキャリアのキャリアショップで、解約時の来店予約がなかなか取れないという問題が発生しました。なぜ、このようなことが起こってしまったのでしょうか。予約システムの仕組みをひもときつつ、実際に店頭に立つスタッフの意見も聞いてみました。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

総務省が電気通信事業法の改正内容に合わせた省令改正を進めています。この省令改正の要点の1つである「端末割引の上限2万円」は、販売現場にどのような影響を与えるのでしょうか。今回は“スマートフォン(端末)の販売”という観点から販売スタッフの話を聞きます。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

改正電気通信事業法が制定され、それに伴う新しい総務省令が今年(2019年)の秋に施行される予定です。目玉は「解約金1000円まで」「機種代金の割引2万円まで」ですが、これでMNP(乗り換え)は活発なのでしょうか……?

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

最近世間を騒がせている、米商務省のHuawei(ファーウェイ)に対する事実上の禁輸措置。携帯電話販売店にも大きな影響を与えています。この記事では、この問題を携帯電話販売店の立場から見ていきます。

()

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

携帯電話の購入時、店員からさまざまなオプション契約をお願いされることがあります。一方で、このようなお願いをしないことをウリとする店舗も増えています。そんな中、付けられたオプションの解約、あるいはオプションの未加入による「トラブル」も見受けられます。どういうことなのでしょうか。

()

NTTドコモの新料金「ギガホ」「ギガライト」は、一見するとauやソフトバンクの新プランと立て付けが同じように見えます。果たして、どのキャリアが一番おトクなのでしょうか。現時点で分かっている情報をもとに、細かい違いを確かめしつつ比べてみましょう。【訂正・追記】

()

月額2000円以下でスマホが持てることをアピールするMVNO。中でも大手携帯キャリアの「サブブランド」といわれるY!mobileとUQ mobileが展開する、学割内容を比較しました。

()