連載
» 2018年07月29日 10時00分 公開

iアプリ対応の第1弾 ストレートボディーの「mova P503i」(懐かしのケータイ)

503iシリーズの目玉機能「iアプリ」。対応第1弾ケータイとして登場したP503iは、発売初日には行列ができる店舗も出てくるほどの人気ぶりでした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモの松下通信工業(現・パナソニック モバイルコミュニケーションズ)製ケータイ「mova P503i」です。

「mova P503i」(正面)
「mova P503i」(背面) 「mova P503i」

 2001年に発売されたP503iは、「iアプリ」対応ケータイの第1弾モデルです。

 前モデルの「P502i」と同じくストレートボディーを採用。アイコンを使用したメニュー画面や、赤外線通信機能といったPケータイの特徴といえる機能を継承しつつ、メインディスプレイをカラー液晶に変更し、着メロの同時発音数を3和音から16和音に強化しています。

左側面
右側面

 iアプリは「アプリをダウンロードして機能を追加する」ことをケータイで実現しました。とはいえ、アプリの最大容量は「20KB」と、現在では考えられないほど小さいものでした。P503iは「ダンスダンスレボリューション」「テトリス」「モグラー」の3つのアプリをプリインストール。同日に発売された富士通(現・富士通コネクテッドテクノロジーズ)製の「mova F503i」とあわせ、発売当日には行列ができる店舗もあるほどの人気ぶりでした。

 ただ、一部のサイトにアクセスするとデータが削除されてしまう不具合が見つかり23万台の回収となったほか、特定条件下で着信できないなど、次々に致命的な不具合が見つかった端末でもありました。

キー回り
バッテリー

「mova P503i」の主な仕様

  • 発売日:2001年1月26日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:松下通信工業
  • サイズ:約45(幅)×128(高さ)×17(奥行き)mm
  • 重量:約74g
  • メインディスプレイ:1.8型(120×160ピクセル)STN液晶 256色
  • ボディーカラー:クオーツシルバー、ジェムブラック、サイバーレッド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう