ニュース
» 2018年08月10日 00時30分 公開

サムスンが「Galaxy Note9」発表 Bluetooth対応Sペンで操作性はどう変わった? (1/2)

Samsung ElectronicsがNoteシリーズの新機種「Galaxy Note9」を発表。Bluetoothを内蔵したSペンを搭載。進化したポイントや使用感をレポートする。

[石野純也,ITmedia]

 Samsung Electronicsが8月9日(現地時間)に、米ニューヨークでGalaxy Noteシリーズの最新モデルとなる「Galaxy Note9」を発表した。Bluetoothを搭載し、進化したSペンを搭載。カメラには「Galaxy S9/S9+」と同様、機械式の絞り変更機能を搭載した。

Galaxy Note9 「Galaxy Note9」

デザインはGalaxy Note8ベース

 Galaxy Note9は、Samsungが秋冬の商戦期に送り出すフラグシップモデル。ディスプレイサイズは6.4型と大型で、18.5:9と縦に長い。左右がカーブしており、まるでベゼルがないように見えることから、「Infinity Display」と名付けられている。ディスプレイサイズは先代のGalaxy Note8比で0.1型大型化している。

Galaxy Note9 本体正面。画面は0.1型アップ
Galaxy Note9
Galaxy Note9 右側面には電源キー、左側面にはボリュームキーとBixbyボタンを搭載

【訂正:2018年8月21日18時40分 初出時に「右側面にはBixbyボタン、左側面にはボリュームキーと電源キーを搭載」としていましたが、正しくは「右側面には電源キー、左側面にはボリュームキーとBixbyボタンを搭載」です。おわびして訂正致します】

Galaxy Note9 本体上部にはSIMカード/microSDスロットを備える
Galaxy Note9 底面にはUSB Type-C端子と3.5mmのイヤフォンジャック、スピーカーやSペンを搭載
Galaxy Note9 深い青色のオーシャンブルー。光の当たり方によっては、鮮やかな青に見えることもある

SペンがBluetoothを内蔵、イエローのペンも

 同シリーズには、代々「Sペン」と呼ばれるペンが内蔵されてきたが、Galaxy Note9ではこれが進化。従来と同様、筆圧などを検知でき、書き味が優れている特徴はそのままに、Bluetoothを内蔵した。BluetoothでGalaxy Note9本体とペアリングすることで、Sペンをリモコンのように利用できるのが特徴だ。

Galaxy Note9 本体にSペンを収納。新たにBluetoothに対応した

 リモコン機能に対応しているのは、ギャラリーやYouTube、カメラ、ボイスレコーダーなどのアプリ。Sペンのボタンを押すことで次の写真を表示したり、再生中の動画を一時停止できたりといった操作ができる。カメラのシャッターにもなるため、本体をテーブルの上などに固定しておき、集合写真を離れて撮るといったシチュエーションでも利用できる。

Galaxy Note9 Sペンをリモコンのように利用できる

 Sペンのボタンには、シングルクリック、ダブルクリックのそれぞれに動作を割り当てられる。標準では、ギャラリーだとシングルクリックで次の写真、ダブルクリックで1つ前の写真を表示するようになっているが、これらは設定で変更できる。例えば、カメラアプリには写真撮影やカメラ切り替え、動画撮影といった機能を設定できる。

Galaxy Note9 各アプリに割り当てられた機能は、設定で変更できる

 Bluetoothを搭載したが、サイズは従来のSペンとほぼ同等。本体下部に収納できる点も変わっていない。こうした機能強化を象徴する意味合いもあり、Galaxy Note9では、オーシャンブルーのみ、発色いいイエローのSペンが内蔵される。その他のカラーは、従来同様、本体と同色だ。

 カラーリングを生かした機能として、画面オフメモで書いた文字がSペンと同色になるといった工夫も凝らされている。ただし、画面オフメモは背景がブラックになることから、ミッドナイトブラックは従来同様、文字色はホワイトになる。

Galaxy Note9
Galaxy Note9
Galaxy Note9 画面オフメモでの文字色が、Sペンの色と同一になる

絞り値を切り替えられるデュアルカメラを搭載

 カメラ機能はGalaxy S9+に近く、F1.5とF2.4のどちらかに絞り値を切り替えることが可能だ。オートで撮影すると、暗い場所ではF1.5、明るい場所ではF2.4がそれぞれ自動的に選択される。Galaxy S9+と同様デュアルカメラとなり、ワンタッチで望遠に切り替えられる。望遠側のカメラはF2.4。画素数はどちらも約1200万画素だ。インカメラは約800万画素で、F1.7の明るいレンズを採用する。

Galaxy Note9 デュアルカメラを搭載。ライブフォーカスも利用できる
Galaxy Note9 絞りをF2.4とF1.5の2つから選択できる。オート撮影時には、周囲の明るさに応じて自動で切り替わる

 カメラにはAI(人工知能)の機能を取り入れ、シーンを自動で判別することができる。認識できるシーンは全部で20あり、色味などをそれぞれに合わせて最適化する。さらに、撮った写真をAIで判定。人物が目をつぶっていたり、ブレがあったりすると、画面端に表示されるサムネイルがそれを警告する。写真を開いて仕上がりを確認し、再度撮り直す手間が省けるというわけだ。また、デュアルカメラを生かした背景ボカシの「ライブフォーカス」にも対応する。

指紋センサーが使いやすく

 Note8ではカメラ横にあった指紋センサーは、Galaxy S9/S9+と同様、カメラ下に移された。本体を持ったとき、ちょうど人差し指が当たる位置になっており、指紋センサーがカメラ横にあった先代のGalaxy Note8よりも画面のロックを解除しやすくなっている。虹彩認証にも対応しており、シーンに応じて顔認証と虹彩認証を使い分ける「インテリジェントスキャン」にも対応する。

Galaxy Note9 指紋センサーは、カメラの下に移された
Galaxy Note9 顔認証と虹彩認証を状況に応じて使い分ける「インテリジェントスキャン」に対応
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう