ニュース
» 2018年09月21日 18時00分 公開

ソフトバンクが「半額サポート」「機種変更先取りプログラム」の特典利用条件を変更 条件から“再契約”を削除

ソフトバンクの機種変更プログラムが、11月29日から利用条件を変更。公正取引委員会からの指摘を受け、再契約に関する条件を削除する。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは11月29日から、「半額サポート」「機種変更先取りプログラム」の利用条件を変更。プログラムを適用して機種変更する際の条件から「プログラムへの(再)加入」を削除する。

ニュースリリース

 これらのプログラムは、機種購入から25カ月目以降に(機種変更先取りプログラムでは機種購入から12カ月間以上利用した上で)機種変更をすると、端末の下取りといずれかのプログラムへの(再)加入を条件に分割払い(割賦)の残債を免除するというもの。

 今回、「プログラムへの(再)加入」の条件を削除するのは、公正取引委員会の報告書の指摘が背景にある。9月21日に行われたiPhone発売セレモニー後の囲み取材では、榛葉淳副社長は「12月には対応する形で最終的な準備に入っている」という旨の発言をしていた。

榛葉淳副社長 iPhone発売セレモニー後の囲み取材に応じる榛葉淳副社長

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう