ニュース
» 2018年10月03日 11時00分 公開

シャープが有機EL搭載スマホ「AQUOS zero」発表 2018年冬に投入【更新】

シャープが10月3日、有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン「AQUOS zero」を発表。2018年冬モデルとして投入する。約6.2型のWQHD+(1440×2992ピクセル)ディスプレイを搭載している。

[田中聡,ITmedia]

 シャープが10月3日、スマートフォンAQUOSとして初めて有機ELディスプレイを搭載した「AQUOS zero」を発表。2018年冬モデルとして投入する。【訂正あり】

AQUOS zero 有機EL搭載スマートフォン「AQUOS zero」

 有機ELはシャープ製のもので、約6.2型のWQHD+(1440×2992ピクセル)。ディスプレイの上部にはノッチ(切り欠き)があり、両端はカーブを描いている。コントラスト比は100万:1で、DCI-P3規格で100%という広色域を実現。シャープ独自の高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」もサポートしている。

AQUOS zero ワイド画面で動画や写真を楽しめる
AQUOS zero リッチカラーテクノロジーモバイルに対応
AQUOS zero 他のスマホでも見慣れたノッチが前面にある

 HDR映像技術「Dolby Vision」と立体音響技術「Dolby Atmos」もサポートしている。前面にステレオスピーカーを搭載しており、内蔵スピーカーもDolby Atmosに対応する。

 バックライトが不要な有機EL、側面にマグネシウム合金、背面に軽量かつ強度の高いアラミド繊維を採用することで、約146gという軽さを実現した。シャープによると、6型以上で3000mAh超えのバッテリーを搭載するスマホとしては、世界最軽量とのこと。

AQUOS zero 背面にはシングルカメラ、指紋センサー、FeliCaロゴがある
AQUOS zero ディスプレイの両端がカーブしている

 プロセッサはSnapdragon 845、メモリは6GB。ストレージは128GBだが、外部メモリ(microSD)スロットは搭載していない。バッテリー容量は3130mAh。スマートフォンAQUOSで培った放熱性能に加え、2つの充電ICを併用することで熱を分散し、充電時の発熱を抑える「パラレル充電」を採用。充電しながらでも、発熱を抑えてゲームや動画視聴などを楽しめるとしている。

 OSはAndroid 9 Pieで、Android標準のUIを採用している。ホームボタンは搭載しておらず、画面下部のアイコンを押してホームに戻り、スワイプして最近起動したアプリ一覧を呼び出せる。カメラはアウトが光学式手ブレ補正対応の有効約2260万画素、前面が有効約800万画素。

AQUOS zero ホームボタンは搭載していない

 おサイフケータイ、IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)に対応しているが、ワンセグとフルセグは利用できない。3.5mmイヤフォンジャックは搭載していないが、USB Type-C端子に接続するイヤフォンジャック変換アダプターが付属する。本体カラーはアドバンスドブラック1色。

【訂正:2018年10月11日15時26分 初出時に「ワンセグを利用できる」旨の記載がありましたが、ワンセグには対応していません。おわびして訂正致します。】

AQUOS zero 付属のイヤフォンジャック変換アダプター
AQUOS zero
AQUOS zero
AQUOS zero
AQUOS zero
「AQUOS zero」の主な仕様
機種名 AQUOS zero
メーカー シャープ
OS Android 9.0
プロセッサ Snapdragon 845
メインメモリ 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ
ディスプレイ 約6.2型QHD+ 有機EL
解像度 1440×2992ピクセル
バッテリー容量 3130mAh
アウトカメラ 有効約2260万画素CMOS
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー アドバンスドブラック
サイズ 約73(幅)×154(高さ)×8.8(奥行き)mm
重量 約146g

【更新:2018年10月3日14時44分 詳細を追記し、写真を追加しました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう