コラム
» 2018年10月18日 15時00分 公開

iPhoneよりも持ちやすくて速くてスタミナも――Huaweiの考える「Mate 20 Pro」「Mate 20 X」の“ライバル”たち(前編) (1/2)

10月16日(イギリス夏時間)、HuaweiがMateシリーズの新スマートフォンを3機種発表した。その“ライバル”として意識しているのは、iPhoneとGalaxyのようで、持ちやすさ、パフォーマンスやバッテリー持ちについて自社の優位性を存分にアピールした。

[井上翔,ITmedia]

 既報の通り、Huaweiは10月16日(現地時間)、イギリス・ロンドンで新型スマートフォン「HUAWEI Mate 20」「HUAWEI Mate 20 X」「HUAWEI Mate 20 Pro」を発表した。

 スマートフォンの発表会において、同社は必ずといって良いほど他社製品との比較を行う。これは海外では特段珍しいものではなく、むしろ他社製品との比較を避ける傾向にある日本の方が「特殊」ともいえる。

 今回のMate 20シリーズの発表会の現地では、そんな他社比較がある意味で一番盛り上がっていた。その模様を2回に分けてお伝えする。この記事では、サイズ感やスマホとしての安定感、充電面での“ライバル”について触れる。

テーマ 今回の発表会のテーマは「A HIGHER INTELLIGENCE(より高度な知性)」だった
謎のオブジェクト(その1)謎のオブジェクト(その2) 会場内のディスプレイ(左)や天井(右)など、そこかしこに表示・掲示されていた謎のオブジェクト。これはMate 20シリーズのカメラ(とLEDライト)を示していた
Mate 20(国際版)Mate 20 Pro(中国版) 日本での発売が期待される「Mate 20」(左)と「Mate 20 Pro」(右)。今回の発表会の実機展示では、Google Playを始めとするGoogleアプリがプリインストールされた国際版と、Googleアプリがプリインストールされない中国版が混在していた
Mate 20 XMate 20 RS Mate 20を大型化した感じの「Mate 20 X」(左)と、Mate 20 Proのさらなる上位モデルとなる「Mate 20 RS」(右)。日本で発売されることはあるのだろうか……?

サイズ感や持ちやすさ:iPhoneを強く意識して比較

 Mate 20シリーズの新機種は、全てノッチ(切り欠き)のあるディスプレイを搭載し、端部のベゼルを極限まで削減した狭額縁設計となっている。ノッチといえば、Huaweiが一番ライバル視している(と思われる)Appleは、2018年のiPhoneを全てノッチ付きディスプレイを備える狭額縁設計とした。

 そのこともあってか、今回最初の他社比較は「画面占有率とノッチとベゼルの幅」となった。インカメラ部分だけへこんでいるMate 20はもちろん、センサーが多いゆえにノッチが広いMate 20 Proであっても、「iPhone XS Max」や「iPhone XR」よりも画面占有率が高いことをアピール。ノッチはもちろん、ベゼルの幅も両機種より狭いことも強調した。

 さらに、本体の横幅を比較しつつ、側面に適度なカーブを描くことによってiPhoneシリーズよりも持ちやすいこともアピールした。

 Mate 20シリーズはiPhoneより画面に没入しやく、持ちやすいということを訴求した格好だ。

画面占有率 画面占有率をアピールした上で……
Mate 20シリーズのノッチとベゼルのサイズiPhoneシリーズのノッチとベゼルのサイズ ノッチやベゼルのサイズもより狭いことをアピール
さらに横幅と……厚さも比較 横幅と側面の厚さ(形状)も比較
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう