インタビュー
» 2018年12月14日 15時48分 公開

100億円キャンペーンは「反省点がたくさんある」 PayPay中山社長を直撃

総額100億円を還元する「PayPay」の「100億円あげちゃうキャンペーン」が、開始からわずか10日間で終了した。ITmedia Mobileでは、PayPayの中山一郎社長にインタビューをする機会を得た。中山氏にキャンペーンの手応えを直撃した。

[田中聡,ITmedia]

 総額100億円を還元する「PayPay」の「100億円あげちゃうキャンペーン」が、開始からわずか10日間で終了した。

 ITmedia Mobileでは、PayPayの中山一郎社長にインタビューをする機会を得た。取材日は12月14日。くしくも、キャンペーンが終了した12月13日の翌日だった(11月に日程が決まっていたので、このタイミングになったのはたまたま)。中山氏に、キャンペーンの手応えや今後の施策についてお話を聞いた。

 今回はダイジェスト版をお届けするが、PayPayの戦略考察も含めた詳細は、別途お届けする予定だ。

PayPay中山一郎 PayPayの中山一郎社長

 中山氏は、ここまでPayPayが話題に上ったことや、キャンペーンがわずか10日で終了したことは「全然想定していなかった。本当に驚いている」と素直に話す。「意図しないところで皆さんがSNS等で取り上げていただいた。メディアからここまで取り上げられたことも意外。一番意外なのは、これだけのユーザーにご利用いただけたこと」と振り返る。PayPay側にとって、想定外の盛り上がりだったというわけだ。

PayPay 「100億円あげちゃうキャンペーン」は、わずか10日で終了した

 中山氏は、キャンペーンを通じて「PayPayの名前が広まったこと」「使えるお店が増えること」「PayPayを使うきっかけを与えられたこと」が成果だったと話す。

 認知度については、一般層に広まったことに手応えを感じている様子。「PayPayを開始した10月5日はアーリーアダプターから反応があったが、今回は私の周囲の人たちも含め、モバイルペイメントにそれほど関心を持っていなかった人たちもアプリを入れていた。認知度調査もしているが、数字からも、かなり浸透したんじゃないかと思う」と同氏。

 キャンペーン開始後に、店舗からの問い合わせが増えているそうで、「どんどん(加盟店を)増やせるのでは」と中山氏は期待を寄せる。

 一方で、キャンペーンが成功したかどうかについては「反省しないといけないところがたくさんあるので、そんなこと(成功だと)は申し上げられない」と表情を曇らせる。具体的には、システム障害が多発して、PayPayが使えない期間が発生したことを反省点に挙げる。「メンテナンス中はお客さまにご迷惑をお掛けした。まずはサービスの安定運用に努めたい」と同氏。

 気になる次の施策については「今回のキャンペーンに集中していたので、全然考えていない」と明言を避けた。

 「世の中にPayPayという存在は知ってもらえた」と話す中山氏。その流れをさらに加速させる、第2、第3の施策にも期待したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう