ニュース
» 2018年12月19日 23時40分 公開

ソフトバンクが通信障害について謝罪 再発防止に向けた対策も明らかに (1/3)

12月6日に「ソフトバンク」「Y!mobile」の4G LTE携帯電話で発生した通信障害。ソフトバンクの上場記者会見では、宮内謙社長と宮川潤一副社長が障害について謝罪。宮川副社長が障害発生の詳細な経緯と再発防止策について説明した。

[井上翔,ITmedia]

 既報の通り、ソフトバンクは12月19日、同社の株式を東京証券取引所第一部に上場した。

 同日15時からは、上場に伴う記者会見が行われた。その冒頭、同社の宮内謙社長と宮川潤一副社長(CTOを兼務)が12月6日に発生した通信障害について謝罪。宮内社長によるプレゼンテーションの終了後、宮川副社長が今回の障害の詳細と再発防止策について説明した。

宮内謙社長 記者会見の冒頭で謝罪する宮内謙社長

障害発生からの時系列

宮川副社長 説明に入る前に改めて謝罪する宮川副社長

 12月6日の通信障害では、「ソフトバンク(SoftBank)」「ワイモバイル(Y!mobile)」両ブランドの4G LTE通信サービスの他、固定電話代替サービス「おうちのでんわ」と、無線ブロードバンドサービス「SoftBank Air」の一部回線にも通信障害が発生した。影響を受けた回線数は合わせて約3060万回線にもおよぶ。

 13時39分の障害発生から復旧に至るまでの時系列は以下の通り。

  • 13時39分 障害発生
  • 14時19分 Webページに初報を掲載
  • 14時45分 一部の伝送装置の切り離し作業を開始
  • 14時57分 4G LTE通信サービスにおいて通信制限開始
  • 15時4分 一部伝送装置の切り離しが完了 しかし復旧せず
  • 15時54分 切り分け調査が完了 MME装置の不具合が障害原因と判明
  • 16時22分 MME装置のソフトウェアの「ダウングレード」を開始
  • 17時35分 西日本センターの装置が復旧
  • 18時4分 東日本センターの装置も復旧(=全国で復旧)
  • 18時51分 Webページに復旧報を掲載

 障害発生から原因特定まで2時間15分、復旧までに4時間25分を要したことになる。

時系列 通信障害の時系列

MME装置が一斉再起動→大規模障害に

 今回の障害は、LTEネットワークにおいてユーザー端末と基地局の位置情報のひも付け(管理)と接続制御を行う「MME(Mobility Management Entity)」と呼ばれる装置において、TLS証明書(※)の有効期限が切れたことが引き金となって発生した。

※ TLS(Transport Layer Security):TCP/IPにおいてセキュアな通信を行うための仕組みの1つ

 TLS証明書の有効期限が切れたことで、通信の“真正性”が判断できなくなり、結果としてMME装置がユーザー管理データベースにアクセスできなくなった。そして「異常」を検知した装置が自動的に再起動し、多くの4G LTE端末が4G LTEネットワークに接続できなくなってしまった。

ダウン MME装置がユーザー管理データベースにアクセスできなくなった結果、通信不可能に
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう