ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W54SA」最新記事一覧

「W54SA」「W61SA」「W63SA」「W64SA」に電源リセットなどの不具合 ケータイアップデートで対応
KDDIはSANYOブランドの「W54SA」「W61SA」「W63SA」「W64SA」に、電源リセットやフリーズなどの不具合があることを公表した。ケータイアップデートで対応する。(2009/5/27)

「W56T」「W54S」「W54SA」に複数の不具合――6度目のケータイアップデート
KDDIは、初代KCP+端末の「W56T」「W54S」「W54SA」に、EZweb利用中のフリーズやカメラ起動中の電源リセットなど、複数の不具合があることを発表。6度目となるケータイアップデートを開始した。(2008/7/18)

「W56T」「W54S」「W54SA」に5度目のケータイアップデート
KDDIは5月1日、KCP+プラットフォームを採用した第1世代の端末「W56T」「W54S」「W54SA」のケータイアップデートを開始した。各種操作中に発生する可能性がある電源リセットやフリーズなどの問題を解消する。(2008/5/1)

“相手の声が聞こえない”などの不具合を改善――「W56T」「W54S」「W54SA」の最新ケータイアップデート
KDDIは、KCP+端末「W56T」「W54S」「W54SA」の4度目となるケータイアップデートを公開した。音声通話時に相手の声が聞こえない、カメラ起動中にリセットするなどの不具合を改善する。(2008/3/27)

「W56T」「W54S」「W54SA」の不具合を修正──3度目のケータイアップデートを開始
KDDIは3月11日、KCP+端末「W56T」「W54S」「W54SA」の各種不具合を修正するアップデートを公開した。過去2回の更新をしていない場合でも、本アップデートを適用すると最新の状態に更新される。(2008/3/11)

三洋電機製KCP+端末「W54SA」、3月6日から順次販売を再開
KDDIは3月5日、すでに販売を再開している沖縄、北海道、北陸以外の地域で「W54SA」の販売を再開する日程を明らかにした。3月6日以降、順次全国で販売を開始する。(2008/3/5)

三洋電機製「W54SA」、3月1日から北海道と北陸で販売再開
KDDIは3月1日から、三洋電機製のKCP+端末「W54SA」の販売を、北海道と北陸でも再開する。(2008/2/29)

「W54S」「W54SA」「W56T」のソフト更新開始――マナーモード中に着信音が鳴るなどの不具合
KDDIは、「W54S」「W54SA」「W56T」のケータイアップデートを開始した。特定の条件だとマナーモード中に着信音が鳴ってしまう、着うたを着信音に設定できないなどの不具合を解消する。(2008/2/27)

「W54SA」、沖縄エリアで販売を再開
KDDIが、テレビ電話が着信できない不具合により一時中止していた「W54SA」の販売を、沖縄エリアで再開した。(2008/2/25)

Mobile Weekly Top10:
auの「W54SA」が欲しい
発売直後の販売中止、そして販売再開発表の直後に再度の延期。2007年秋に発表されて以来ずっと待ちこがれている三洋電機製の“最強”初代KCP+端末「W54SA」はいつ発売されるのだろうか。(2008/2/19)

auの「W54SA」、不具合により発売が再度延期に
KDDIは「W54SA」の発売を再度延期すると発表した。2月8日に一部地域で販売を開始したがEZアプリの不具合により一時中止。15日から販売を再開予定だったが、テレビ電話の不具合によりまた延期になった。(2008/2/15)

KCP+端末「W54SA」、15日から順次販売を再開
KDDIはKCP+端末「W54SA」の販売を2月15日から順次再開すると発表した。W54SAは2月7日から一部地域で販売を開始したものの、不具合により一時販売を見合わせていた。(2008/2/14)

「W54SA」のアプリが起動できない不具合、再ダウンロードで修正
KDDIが「W54SA」の一部アプリが起動しない不具合の対処方法を発表した。該当のアプリを削除し、再ダウンロードすることで利用可能になる。(2008/2/14)

auのKCP+端末「W54S」「W54SA」「W56T」に不具合――ソフト更新で対応
auのKCP+端末としてリリースされた「W54S」「W54SA」「W56T」の3モデルに不具合があることが分かった。KDDIは無線経由のソフトウェア更新で対応するとし、2月13日から改修済みソフトの提供を開始した。なお、一部の事象については預かり修理となる。(2008/2/13)

auの「W54SA」に不具合、販売を一時見合わせ
KDDIは2月8日、三洋電機製のWIN端末「W54SA」に不具合が判明し、販売を一時中止すると発表した。一部の端末で、プリインストールされているEZアプリが利用できない場合があるという。(2008/2/8)

抽選でBluetoothヘッドセットや旅行券が当たる――「W54SA」の購入者向けキャンペーン
三洋電機が「W54SA」の発売キャンペーンを実施する。同端末を購入した人の中から抽選で10人に旅行券、100人にBluetoothヘッドフォンをプレゼントする。(2008/2/7)

「W54SA」と「W61K」、2月7日から順次発売
auのKCP+採用ハイエンド「W54SA」と京セラ製春モデル「W61K」が2月7日から順次発売される。(2008/2/6)

「W54S」「W56T」「W54SA」はフルサポで1万円台半ば――au春モデルの予価が店頭に
都内量販店の店頭に、au春モデルの予価が表示された。2月1日に発売される「W54S」「W56T」「W61CA」に加え、まだ発売日が決まっていない「W61K」「W54SA」の予価も表示されている。(2008/1/30)

写真で解説する「W61SA」
世界初(2008年1月現在)の3インチ有機ELディスプレイを採用する三洋電機製の“フルスライド”ハイエンド「W61SA」。KCP+採用のW54SAと共通する箇所もあるが、フルスライドスタイルのディスプレイ面にタッチセンサーを装え、閉じた状態でもワンセグや音楽再生の操作が可能になっている。(2008/1/29)

写真で解説する「W54SA」(ソフトウェア編)
「W54SA」はワイドVGAディスプレイ、Bluetooth、KCP+によるマルチタスクなど多くの機能を盛り込んだauの2007年秋冬モデル。これらの新機能はもとより、発着信履歴とメールの連携など三洋電機端末ならではのポイントをチェックする。(2008/1/16)

KDDI、他社端末のメインメニューデザインを着せ替えファイルで提供
KDDIは「W56T」「W54SA」「W54S」と今後発売する端末について、NTTドコモとソフトバンクモバイルの一部端末と同じメインメニューデザインを再現する着せ替えファイルを無料で提供する。(2008/1/16)

KCP+を採用した「W56T」「W54S」「W54SA」で何が変わるのか
au 2007年秋冬モデルのハイエンドモデル「W56T」「W54S」「W54SA」は、MSM7500チップセットとKCP+プラットフォームを採用し、従来のWIN端末から大きな進化を遂げた。KCP+端末は、KCP端末とどう変わるのだろうか。(2007/10/17)

写真で解説する「W54SA」
冬モデルで唯一、ワイドVGA液晶を搭載したRev.A端末「W54SA」。和のイメージで統一されたボディには最新機能がすべて搭載され、PCのタッチパッドのように使えるスムースタッチはPCサイトビューアのスクロールや漢字の手書き入力に対応する。(2007/10/16)

“漆器の小箱”に最新機能全部入り、スムースタッチが進化――「W54SA」
漆器の小箱をイメージしたボディに詰め込んだのは、ワンセグ、FeliCa、デジタルラジオ、Bluetooth、テレビ電話、au one ガジェット、進化したLISMO、3インチワイドVGA液晶、318万画素カメラといった最先端機能の数々――。それが三洋電機製の「W54SA」だ。ダイヤルキー部をPCのタッチパッドのように使えるスムースタッチも搭載する。(2007/10/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。