ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年10月03日 20時35分 UPDATE

会津大学、インドIT大手の日本法人と協業し震災復興を支援

会津大学が主催するフォーラム/セミナーなどの開催協力や、被災学生への奨学金制度の創設、特別講義の実施などを通じ、被災地の人材育成を支援する。

[本宮学,ITmedia]

 会津大学は10月3日、インドのIT大手タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)の日本法人であるタタコンサルタンシーサービシズジャパン(TCSジャパン)と協業し、東日本大震災で被害を受けた福島県の復興支援を行うと発表した。

 今後、会津大学が主催するフォーラムやセミナーなどで連携・協力していく。特に「会津IT秋フォーラム」というイベントには、TCSジャパンが協賛。同社は「2011年度は財政的な支援のみとなるが、2012年度は、講師派遣を含めたより積極的な支援を行う」としている。

 会津大学とTCSジャパンはそのほか、被災学生を対象とした支給型奨学金制度の創設や、TCSジャパンから講師を派遣して行う特別講義の実施を通じ、「産学連携やグローバルIT人材育成を推進することで、震災からの復興への支援を進める」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.