連載
» 2007年05月25日 16時00分 UPDATE

サクッとおいしいVistaチップス 9枚め:VistaにXP用ドライバを手動でインストールする

せっかくVistaに乗り換えたのに一部のデバイスを認識してくれない。手元にVista用ドライバはないし、メーカーも提供していないようだ。さて、どうしたものか?

[織田薫,ITmedia]

今回のチップスが使えるエディションは?
エディション Home Basic Home Premium Business Ultimate
対応状況

 OSを変更したときに頭を悩ませるのが、ハードウェアのドライバだ。OSのインストール時に、すべてのハードウェアが自動的に認識されればよいが、Windows Vistaにすべてのハードウェアのドライバが含まれているわけではない。ハードウェアメーカーがVista対応のドライバをリリースしていれば問題ないが、Vista用のドライバが用意されていない場合は困ってしまう。

 しかし、ここで諦めるのは早い。Vistaは、基本的にはWindows XP用のドライバもサポートしている。したがって、XPのドライバがある場合は、手動でXPのドライバをインストールして試してみることができるのだ。ただし、XPのドライバをVistaで利用すると、正常に動作しなかったり、機能が制限されることがある点は十分注意してほしい。

 たとえば、サウンドデバイスの場合は、入出力がうまく動作しなかったり、PUMA(Protected User Mode Audio)を必要とする保護されたコンテンツを再生できない可能性がある。また、XP用のXPDM(Windows XP Display Driver Model)グラフィックスドライバは、Vista用のWDDM(Windows Vista Display Driver Model)グラフィックスドライバと異なり、Windows Aeroが無効になってしまう。XPDMドライバとWDDMドライバは、システム上で混在させることができないため、複数のグラフィックスドライバがインストールされている場合は要注意だ。ネットワークドライバやストレージコントローラのXP用ドライバについても機能が制限されることがあるが、サウンドやグラフィックスほど大きな制限はないようだ。

 しかし、XPのドライバを用意してもVistaで認識されない場合がある。手元の環境で問題が発生したのは、PromiseのPDC20378を搭載したRAIDコントローラだ。実は、PDC20378を搭載しているカードのドライバはVistaにデフォルトで用意されているのだが、そのドライバを自動的に探し当てて利用することもなかった。同様の現象が発生するデバイスとしては、「Intel 82801EB LPC Interface Controller - 24D0」が知られている。もっとも、このデバイスを搭載していれば必ず発生するわけではなく、一部のマザーボードでのみ発生するようだ。

 XPのドライバをインストールする、またはVistaが自動認識しなかったデバイスのドライバをインストールする場合は、デバイスマネージャで任意のデバイスを右クリックし、「ドライバソフトウェアの更新」をクリックする。次に「コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します」を指定し、ドライバディスクがある場合はドライバを保存しているフォルダを選択、Vistaに搭載されているドライバをインストールする場合はデバイスドライバの一覧から選択する。

tm0705tips9_01.jpgtm0705tips9_02.jpgtm0705tips9_03.jpg 任意のドライバを手動でインストールする方法は、少しわかりにくくなっているので注意が必要だ。まずは、デバイスマネージャで、ドライバをインストールしたいデバイスを右クリックし、「ドライバソフトウェアの更新」を選択(写真=左)。「どのような方法でドライバソフトウェアを検索しますか?」のダイアログでは、「コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します」を指定(写真=中央)。任意のドライバをインストールする場合は、「次の場所でドライバソフトウェアを検索します」から、インストールしたいドライバが含まれるフォルダの位置を指定して「次へ」ボタンを押す(写真=右)。一方、Vistaに含まれているドライバをインストールする場合は、「コンピュータ上のデバイスドライバの一覧から選択します」を選ぶ。

 Vistaは、ドライバの署名によるインストール要件も変わっている。署名なし、自己署名済みドライバは、管理者のみインストール可能で、インストール前に警告が表示される。逆に信頼された発行者による署名が行われているドライバは、自動的にサイレントインストールされる。なお、64ビット版のVistaでは信頼された発行者による署名が行われているドライバのみインストール可能だ。

関連キーワード

Windows Vista


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.