ニュース
» 2007年06月29日 17時27分 UPDATE

日本拠点は“日本ギガバイトユナイテッド”へ:日本ギガバイトに閉鎖の動き

日本ギガバイトが6月末をもって清算手続きに入ることが、関係者の情報から明らかになった。29日夕方時点で同社からの正式なコメントは出ていない。

[長浜和也,ITmedia]
kn_giga.jpg ギガバイ子ちゃん、元気でね

 日本ギガバイトが6月末をもって清算手続きに入ることが、関係者の情報から明らかになった。29日夕方時点で同社からの正式なコメントは出ていない。

 ITmediaの取材に対して、GIGABYTE Unitedは「近日中に日本市場についての今後の対応につきまして正式なご案内を差し上げたい」との回答が寄せられているが、その内容と日時は決定していないとしている。また、複数のPCパーツ流通関係者は「現時点ではなにもいえないが、後日、正式なコメントを出す可能性がある」と述べている。

 ギガバイトの正式代理店となっているリンクスインターナショナルは、日本における新しいギガバイトの拠点として、従来の台湾本社マザーボード&グラフィックスカード事業部と従来の日本ギガバイトのマザーボード&グラフィックスカードチームが連合して新しい会社「日本ギガバイトユナイテッド」が設立されることを明らかにした。リンクスインターナショナルは新会社の設立によって「国内販売とサポート体制には何も影響がありません。むしろ、台湾本社と日本国内の連合チームとなることで、これまでより改善されたサービスを提供する予定です」とコメントしている。

 リンクスインターナショナルは、これから先のギガバイト製品の日本における販売とサポートについても「マザーボードとグラフィックスカードの販売体制は日本ギガバイトユナイテッドの下に確立しています。販売店様とユーザー様はご安心下さい。ほぼ新体制の調整も終わりマザーボードとグラフィックスカードについては、保証、サポート、販売が継続されます。現在、この件に関する正式発表の最終確認と調整を行なっているところです。近日正式に発表を予定しています」と説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.