ニュース
» 2009年01月19日 13時00分 UPDATE

2009年PC春モデル:液晶輝度とメモリ容量を強化したdynabook「RX2」「NX」発表

東芝は、1月19日にモバイルノートPCのラインアップ「dynabook SS RX2」と「dynabook NX」の新モデルを発表した。出荷開始はともに1月下旬の予定だ。

[ITmedia]
kn_rx2nx_01.jpg 液晶輝度が向上して室内でも見やすくなった「dynabook SS RX2」

 今回発表された新モデルはdynabook SS RX2が7機種、dynabook NXが5機種になる。RX2もNXも基本仕様は共通で、CPUはCore 2 Duo SU9300(1.20GHz)、12.1型ワイド液晶ディスプレイ搭載(最大解像度1280×800ドット)、内蔵ドライブにはDVDスーパーマルチを採用する(なお、RX2のバリューモデル「RX2/S7H」は光学ドライブを搭載しない)。

 dynabook SS RX2は、上位2モデルでSSDを搭載する。従来モデルと比べて容量が128Gバイトに増やされた。また、すべてのモデルで標準構成のメモリ容量が3Gバイトと強化されている。RX2の新モデルで導入された最大の特徴は液晶ディスプレイの変更で、サイズと解像度は従来モデルと同じながら、最大輝度を250カンデラ平方メートルと増やし、室内における視認性も向上させた。標準で導入されるOSはWindows Vista Business(SP1)で、Windows XPへのダウングレードメディアが付属する。

 ラインアップは7機種用意され、機種によって、ストレージデバイス(SSD、もしくは160GバイトHDD)、Office Personal 2007(SP1) PowePoint 2007 (SP1)の有無、Wireless WANの対応、内蔵ドライブの有無が異なっている。SSD128Gバイト、Wireless WAN対応、Office Personal 2007(SP1) PowePoint 2007 (SP1)付属の最上位機種となる「RX2/T9HG」の実売予想価格は30万円前後、HDD160Gバイト、Wireless WAN非対応、Office Personal 2007(SP1) PowePoint 2007 (SP1)付属の「RX2/T8H」の実売予想価格は25万円前後とされている。

 dynabook NXは5機種が登場するが、システム構成としては上位機種の「NX/78H」系と下位機種の「NX/76H」系に分けられる。それぞれでカラーバリエーションがあり、NX/78H系では、グラマラスブラックとノーブルホワイト、NX/76H系では、グラマラスブラックとノーブルホワイト、ロータスピンクが用意される。予想される実売価格はNX/78系で20万円前後、NX/76系で19万円前後だ。

 基本仕様はNX/78H系もNX/76H系も同様だが、NX78H系ではSSD128Gバイトを搭載するほか、HDDを搭載するNX/76H系でも容量が250Gバイトと従来モデルから強化されている。また、ユーザーの設定作業やトラブルシューティングを手助けする「無線LANらくらく設定」、「動画で解決!操作ガイド」、「動画で学ぶYouTube」、「スカパー! Netてれび」、「東芝ファイルレスキューDVD対応版」がNXシリーズのすべてのモデルで付属する。標準で導入されるOSはWindows Vista Home Premium(SP1)だ。

kn_rx2nx_02.jpgkn_rx2nx_03.jpgkn_rx2nx_04.jpg SSDの容量とHDDの容量が強化され、メモリも3Gバイトを搭載するdynabook NX。カラーバリエーションはグラマラスブラックとノーブルホワイト、ロータスピンクが用意される

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう