ニュース
» 2009年02月26日 15時19分 UPDATE

ソニー、高感度GPSチップ搭載のコンパクトGPSユニット「GPS-CS3K」

ソニーは、携帯型のコンパクトGPSユニット「GPS-CS3K」を発表。メディアカードスロットを搭載し、本体のみでGPS位置情報を付加できる。

[ITmedia]
photo GPS-CS3K

 ソニーは2月26日、携帯型のコンパクトGPSユニット「GPS-CS3K」を発表、3月13日より発売する。価格は1万8900円。

 GPS-CS3Kは、本体サイズ57(幅)×23(奥行き)×80(高さ)ミリ、重量70グラム(電池含まず)のコンパクト筐体を採用したGPSユニット。本体内に128Mバイトメモリ(GPSログ記憶容量)を備えるほか、メモリースティックDuo/SDメモリー対応のカードスロットを装備。本体の操作のみで、撮影した静止画/動画へのGPSログを単体で付加することが可能だ。

 従来モデルより感度を向上させたほか、バッテリー駆動時間も延長されており、単三形アルカリ乾電池1本で約15時間動作する。PCとの接続インタフェースはUSBに対応、Google MapsやGoogle Earth、およびネットワークサービス「Picasa」などとの連携機能も備えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう