ニュース
» 2010年01月07日 15時20分 UPDATE

マウスコンピューター、3万円台からのIONプラットフォーム採用ミニPC「Lm-mini20」

マウスコンピューターは、Atom 230を標準搭載したコンパクトデスクトップPC「Lm-mini20」を発表した。

[ITmedia]
photo Lm-mini20

 マウスコンピューターは1月7日、Atom 230を標準搭載したコンパクトデスクトップPC「Lm-mini20」を発表、本日より受注を開始する。BTOカスタマイズによりメモリ/HDDの変更などにも対応、基本構成価格はWindows 7 Home Premium導入モデルの「Lm-mini20」が3万4860円、Windows XP Professional(Windows 7 Professionalダウングレード)導入モデルの「Lm-mini20-XP」が3万9900円(双方税込み)。

 Lm-mini20は、マザーボードとしてIONプラットフォーム採用製品を搭載したコンパクトデスクトップPCで、本体幅約20ミリのウルトラスモール筐体を採用。CPUはAtom 230(1.6GHz)を備えている。

 メモリはDDR2 SO-DIMM 1Gバイト(最大3Gバイト)、HDDは160Gバイトを標準装備し、光学ドライブは未搭載。Blu-ray DiscドライブなどのオプションもBTOカスタマイズで選択可能なほか、液晶ディスプレイの背面へ取り付けられるVESA取り付けキットなども用意している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう