ニュース
» 2010年02月23日 15時53分 UPDATE

APC、“電源ソケットたくさん”仕様の家庭・SOHO向け小型UPS新モデル

APCが、家庭・SOHO向けの小型UPS新機種2モデルを発売。計10個と、業界最多クラスの電源ソケットを備えるのが特長。価格は1万6400円から。

[ITmedia]

 エーピーシー・ジャパン(以下、APC)は2月23日、多電源ソケット仕様の家庭・SOHO向け小型無停電電源装置(UPS)の新モデル「APC ES 550」「APC ES 750」を発表、2010年2月23日に発売する。価格はES 550が1万6400円(税込み、以下同)、ES 750が2万6400円。

photophoto エーピーシー・ジャパン「APC ES 550」(左)、「ACP ES 750」(右)

 APC ESシリーズは、PCのスリープや電源オフと連動し、IP電話機やNAS、外付けHDDといったPC周辺機器の電源も同時に制御できる、家庭・SOHO・中小企業ユーザー向けの省スペース型UPS製品。今回の新モデルは、小型ボディながら業界最多クラスの電源ソケットを備えるのが特徴で、APC ES 550は8口、ACP ES 750は10口のソケットを実装する。

 バックアップ電源動作時の最大出力は、APC ES 550が550ボルトアンペア/330ワット、ACP ES 750が750ボルトアンペア/450ワット。電源障害時に自動シャットダウンしてデータを保護する独自の電源管理ユーティリティソフトが付属し、電話回線/LAN回線に対応する落雷(サージ)保護機能も備える(ACP ES 550は電話回線のみ)。

 本体サイズはAPC ES 550が180(幅)×282(奥行き)×88(高さ)ミリ/重量約4.7キロ、ACP ES 750が180(幅)×343(奥行き)×88(高さ)ミリ/重量約5.4キロ。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.