ニュース
» 2010年07月28日 17時22分 UPDATE

エイサー、3D VISION対応のDLPプロジェクター2製品

日本エイサーは、3D VISION/DLP 3Dテクノロジー対応モデルとなるDLPプロジェクター「X1110」「X1261」を発売する。

[ITmedia]

 日本エイサーは7月28日、3D VISION/DLP 3Dテクノロジー対応モデルとなるDLPプロジェクター「X1110」「X1261」を発表、8月6日より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はX1110が5万5000円前後、X1261が7万円前後だ。

photophoto X1110(左)、X1261(右)

 2製品はともに、3D VISION/DLP 3Dテクノロジーによる立体視に対応したDLPプロジェクターで、別途対応を用意することで3D映像を楽しむことができる。画素数は、X1110は800×600ピクセル、X1261は1024×768ピクセル表示に対応した。

 入力インタフェースはアナログD-Sub、およびコンポジット/コンポーネント/Sビデオ入力を装備。またX1261な出力2ワットのモノラルスピーカーも内蔵する。本体サイズおよび重量は、X1110が280(幅)×230(奥行き)×84(高さ)ミリ/2.6キロ、X1261が268(幅)×192(奥行き)×80(高さ)ミリ/2.2キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう