ニュース
» 2010年08月12日 11時13分 UPDATE

SAPPHIRE、DVIのみで3画面出力対応のRadeon HD 5770グラフィックスカード

アスクは、「SAPPHIRE HD5770 Flex」の取り扱いを発表した。独自技術でDVIのみによるATI Eyefinity3画面出力に対応したのが特徴だ。

[ITmedia]

 SAPPHIRE HD5770は、Radeon HD 5770を搭載したグラフィックスカードだ。Stream Processorを800基内蔵して、コアクロックは850MHz、メモリクロックは1200MHz。グラフィックスメモリとしてGDDR5を1Gバイト実装する。メモリバス幅は128ビット。

 最大消費電力は108ワットで、外部電源は6ピンコネクタを1基備える。2スロット厚のクーラーユニットを採用し、バックパネルには、デュアルリンクのDVI-IとシングルリンクのDVI-D、DisplayPort、HDMIと4種類の映像出力インタフェースを用意する。

 SAPPHIRE HD5770 Flexは、ATI Eyefinity Technologyに対応するが、同社の独自技術によって、従来DisplayPortが必須だった3画面出力をデュアルリンクのDVI-IとシングルリンクのDVI-Dを利用することでDVI対応ディスプレイだけで構築できる。

 8月中旬から製品の出荷を開始し、実売予想価格は2万円台前半の予定だ。

kn_5770flex_01.jpg DVI-IとDVI-Dを備えて、DVI対応ディスプレイだけで3画面同時出力に対応した「SAPPHIRE HD5770 Flex」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.