ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ATI Eyefinity」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ATI Eyefinity」に関する情報が集まったページです。

CADニュース:
AMD、CAD環境向けグラフィックスカード「FirePro W4300」発表
AMDは、米国ネバダ州ラスベガスで開催されている「Autodesk University 2015」において、CAD環境向けグラフィックスカード「AMD FirePro W4300」を発表した。(2015/12/4)

AMD、新グラフィックスOS「Radeon Software」を発表
AMDがAMD Catalystに代わる新しいドライバスイートを発表。年内に「Radeon Software: Crimson edition」を提供する。(2015/11/2)

独自デザイングラフィックスカードも集結!:
AMDが説く「Radeon R9 285を選ぶ12の理由」
日本AMDがRadeonグラフィックスをアピールするイベントを開催。そこで、“Tonga”世代のGPUを搭載するグラフィックスカードを購入すべき理由を紹介した。(2014/9/28)

まだ早い? もう買い時?:
PR:今そこにあるディスプレイの問題を解決して新世界へ――これがEIZO「4K」モデルの実力だ!
徐々に数を増やしつつあるPC向け4Kディスプレイ。先物買いの印象があるかもしれないが、ディスプレイに関するさまざまな問題を解決し、極上の表示環境が得られる「先進的かつスマート」な選択肢なのだ。特にEIZO初の4Kディスプレイ「FlexScan EV3237」は、長い目でディスプレイ選びを考えた場合、有力候補に挙げられる。(2014/9/18)

フレームレス“5760×1080ピクセル”の快適さ:
PR:これはマルチディスプレイ革命だ!――“超狭額”エンタメ液晶「FORIS FS2434」×3台の極楽環境にどっぷりハマる
マルチディスプレイ環境はなにかと便利だが、画面と画面の間に挟まるフレームが見た目のノイズになってしまうのは難点だ。しかし、EIZOが新たに投入した「フレームレス」デザインの液晶ディスプレイ「FORIS FS2434」であれば、この問題もほとんど解決できるハズ。実際に使ってみると、多くのユーザーは「これまでのマルチディスプレイは何だったのか……」と衝撃を受けるのではないだろうか?(2014/7/8)

サードウェーブテクノロジーズ、4K解像度をサポートしたAMD FirePro搭載のグラフィックスWS
サードウェーブテクノロジーズは、グラフィックスカードとしてAMD FireProを採用したデスクトップWS「TW-FP」シリーズを発売する。(2013/12/5)

GTX 780を上回る性能:
AMD Radeonの新たな最上位モデル「Radeon R9 290X」を徹底比較
リニューアルされたRadeonで、シングルGPUの最上位に位置する「Radeon R9 290X」がついに姿を表した。(2013/10/24)

“緑のカード”をたたき壊せ!!:
最新GPU「AMD Radeon R9/R7」シリーズ特徴まとめ
「AMD Radeon R9/R7」シリーズの特徴を解説。過激なパフォーマンスでライバルを挑発するAMDは、ゲームグラフィックス環境を再び大きく進化させられるのか?(2013/10/8)

AMD GPU14 TECH DAYまとめ:
AMDの次世代GPUは何ができるようになる?
AMDが次期GPUのラインアップをプレビュー。明らかにされた新機能や特徴をまとめる。(2013/10/1)

ゲームが、仕事が、トレードがはかどる!:
PR:6画面“5760×2160”ディスプレイで圧倒的戦力を手に入れる
PCディスプレイの標準仕様がフルHDとなった今、より上質の作業環境を望むなら、次に狙うべきは「4K2K」なのか? 否。設置スペースさえ許せば、もっといい方法がある。そう、“超”高解像度を手軽に実現できるマルチディスプレイというさえたやり方が――。(2013/7/9)

SAPPHIRE、Radeon HD 7990搭載グラフィックスカード
アスクは、Sapphire Technology製となるRadeon HD 7990搭載PCI Expressグラフィックスカード「SAPPHIRE HD7990 6GB GDDR5」の取り扱いを開始する。(2013/4/30)

なんだ! このコンバーチブルは!:
MSI、ゲーミングノートPCの新モデルを間もなく日本投入
エムエスアイコンピュータージャパンは、ノートPCの製品説明会を日本の関係者に向けて行った。なお、薄型軽量コンバーチブルデバイスもあわせて公開していた。(2012/11/22)

玄人志向、USB 3.0接続対応の外付けディスプレイアダプタ
玄人志向は、USB 3.0接続対応モデルとなるUSBディスプレイアダプタ2製品「VGA-USB3.0/DVI」「VGA-USB3.0/HDMI」を発売する。(2012/9/6)

イマドキのイタモノ:
「Bulldozer“改”!」というPiledriverを導入した「Trinity」の実力を試す
AMDは、第2世代のFusion APU「Trinity」が発表した。ノートPCモデルから登場するPiledriver導入のAシリーズは、Sabine世代からどれだけ“腕”を上げたのか?(2012/5/15)

Trinity=Bulldozer+Northern Islands:
大解説! Triniryに搭載した“Piledriver”と新技術
AMDが第2世代Fusion APU Aシリーズ“Trinity”を発表した。ノートPC向けモデルが先行となるが、そこに導入した新技術と“デスクトップPC向け”の動向を探る。(2012/5/15)

Aシリーズで“TDP 17ワット”が登場:
AMD、“Triniry”世代のFusion APU Aシリーズ発表
AMDは、Fusion APUのAシリーズで第2世代となる新モデルを発表した。開発コード名「Trinity」と呼ばれていたコアで、ノートPC向けの5モデルが登場する。(2012/5/15)

イマドキのイタモノ:
「Radeon HD 7800」シリーズは、性能も消費電力も“チョードイイ”のか?
Radeon HD 7000シリーズの“まんなか”モデル「Radeon HD 7800シリーズ」が登場。7900と7700に挟まるこのシリーズの性能と消費電力をギュルンと確認する。(2012/3/5)

2012年PC春モデル:
フルメタルボディが美しい15型ワイドノートPC――「HP ENVY15-3000」
高級感あふれる「ENVY」シリーズに15型モデルが登場した。近接センサーと連動して光るキーボードバックライトなど、使い心地を追求した機能が目を引く。(2012/1/19)

イマドキのイタモノ:
「Radeon HD 7970」で“Graphics Core Next”の実力と消費電力を探る
バッド、いや、グッドなタイミングで“Tahiti”がやってきた! 新世代GPUに期待は高まる。ならば! 花よりだんご! ケーキよりベンチマークテストだ(涙目)!(2011/12/23)

まさか、このタイミングででてくるとは:
大解説! 28ナノプロセスルール採用の新世代GPU「Radeon HD 7970」
AMDが“Southern Islands”と呼んで開発を進めてきた新世代GPUの最上位モデル“Tahiti”を発表した。その詳細をオースティンであった説明会から紹介する。(2011/12/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
深刻化する“HDDショック”――アキバで価格高騰、品薄傾向が続く
タイ洪水の影響による“HDDショック”は、1Tバイト以下のモデルの価格高騰と全体的な品薄傾向のダブルパンチで深刻化している。複数のショップで「完全回復は来年の2〜3月ごろ」といった声も。(2011/10/31)

2011年PC秋冬モデル:
さらに高速化した“極上”ノートPC――「ENVY17/ENVY14 Beats Edition」
日本HPのプレミアムブランド「ENVY」シリーズに新モデルが登場。CPUを強化したほか、量販店向けにはSSD搭載モデルを投入する。(2011/9/15)

1万円を切るRadeon HD 6000シリーズグラフィックスカード
AMDが4月19日に発表した「Radeon HD 6670」「Radeon HD 6570」「Radeon HD 6450」を搭載するグラフィックスカードがベンダー各社から発表された。(2011/4/20)

2011年PC春モデル:
極上ノート「ENVY」に17.3型ワイドモデルが登場――「HP ENVY17-2000」
日本HPの高級ブランドPC「ENVY」に17.3型ワイドモデルが加わった。デザイン、音質、性能のすべてに妥協しない最上位モデルだ。(2011/4/4)

イマドキのイタモノ:
双発のCaymanでAMDのフラッグシップたれ──Radeon HD 6990の性能と爆音をチェック
AMDがRadeon HD 6990を発表。Radeon HD 6000シリーズの最上位となるモデルだ。さて、その“デュアル”な性能はどこまで有効なのだろうか?(2011/3/8)

5分で分かった気になるアキバ事情:
旧正月の品薄対策どころではなかった2月のアキバ
P67/H67マザーの販売見合わせにより、市場をけん引していた主力製品が突然姿を消してしまった約1カ月。空いた穴は大きかったが、その間にFusionマザーやSATA 3.0対応SSDが店頭を盛り上げていた。(2011/3/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Fusion」が好調なAMDと“再起動完了直前”っぽいインテル
出せば売れる状態のFusionマザーだが、その勝因は消費電力対効果とSATA 3.0サポートにあるらしい。この流れにインテルはSATA 3.0対応SSDの投入と、P67/H67マザーの復活で対抗できるか!?(2011/2/28)

AMD、第2世代のDirectX 11対応モバイルGPU「Radeon HD 6000M」シリーズ
AMDは第2世代となるDirectX 11対応のモバイルGPU「Radeon HD 6000M」シリーズを発表した。最大6画面出力や3D立体視、Blu-ray 3Dの再生支援などをサポートする。(2011/1/5)

AMD、新しいアーキテクチャを導入した「Radeon HD 6900」シリーズ
AMDは、12月15日にRadeon HD 6900シリーズを発表した。開発コード名“Cayman”と呼ばれてきた新しいアーキテクチャを導入した最上位GPUラインアップとなる。(2010/12/15)

イマドキのイタモノ:
新しくなったアーキテクチャの実力は?──「Radeon HD 6970」「Radeon HD 6950」“緊急通関”レビュー
「出るの!出ないの!」と待たされた“Cayman”が登場。Radeon HD 6970以外に、なんとか間に合った「2枚のRadeon HD 6950」で“Antilles”の性能も占う!(2010/12/15)

玄人志向、Radeon HD 6000シリーズ搭載のオーバークロックモデル2製品
玄人志向は、Radeon HD 6000シリーズを搭載したオーバークロックモデルとして、「RH6870-E1GHD/DP/OC」と「RH6850-E1GHD/DP/OC」を発表した。(2010/12/3)

“5000”“400”を超えるか? :
AMD、“Northern Island”の第1弾「Radeon HD 6800」シリーズを投入
AMDは、10月21日に「Radeon HD 6800」シリーズ2モデルを発表した。実売価格は、Radeon HD 6870搭載モデルで3万円前後、同6850搭載モデルで2万円前後の見込みだ。(2010/10/22)

イマドキのイタモノ:
「Radeon HD 6870」「Radeon HD 6850」でGeForce GTX 460を迎撃せよ!
Radeon HD 6800シリーズが発表された。新世代のハイエンドGPUを思わせるナンバーだが、その位置付けは異なる。性能と価格のバランスはどう変わったのか?(2010/10/22)

AMD TFE 2010:
動く「Northern Islands」と「Llano」と「Zacate」で自慢する
AMDが台湾で行っているAMD TFE 2010では、“次世代”のGPUとAPUを実際に動かして、その性能を訴求した。競合の「3倍で半分」というLlanoの実力を垣間見る。(2010/10/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
「AMD800系マザーが1980円とか……」――低価格マザーに熱視線
新型Atom搭載で8000円台、Socket AM3対応で6000円以下のmini-ITXマザーが登場。割安感からどちらも好調に売れているが、それ以上にお得感にあふれたマザーもあるらしい。(2010/10/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「とりあえず年末くらいまで見えてきそう」――PC-DIY EXPO 秋の陣
PCパーツの総合イベント「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 秋の陣」が開かれた。協賛各社のブースには、今秋の投入を予定されているさまざまな新製品が並び、担当者は“少し先”を見据えていた。(2010/9/27)

TGS2010:
「女子キャラノート」に「Crysis 2」──TGSに出撃するPCゲーマーのチェックポイントはここだ!
コンシューマーゲームに圧倒されぎみのPCゲーム。しかし、TGSでは、注目のビックタイトルや海外プロゲーマーとの対戦などなど、興奮のイベントが満載だ。(2010/9/16)

MSI、“Cyclone”シリーズに「Radeon HD 5850」搭載モデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、9月14日に同社オリジナルクーラー搭載の「R5850 Cyclone」を発売した。(2010/9/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
「実用的なキワモノって感じで人気」――ASRock製マザーを扱うショップが増える
先週末からASRock製マザーボードを取り扱うショップが一気に拡大した。その背景には新たな代理店契約とASRock製品のイメージ向上があるようだ。(2010/9/6)

「ATIというブランドには別れを告げます」──製品ブランドをAMDに統一へ
2006年にAMDに買収されたグラフィックスベンダー「ATI」のブランド名が2010年中になくなることが、正式に発表された。(2010/8/30)

SAPPHIRE、DVIのみで3画面出力対応のRadeon HD 5770グラフィックスカード
アスクは、「SAPPHIRE HD5770 Flex」の取り扱いを発表した。独自技術でDVIのみによるATI Eyefinity3画面出力に対応したのが特徴だ。(2010/8/12)

Inside Linux KVM(2):
SPICEプロトコルの内側を知る
この連載では、オープンソースの仮想化ソフトウェア、Linux KVM(Kernel-based Virtual Machine)とそれを支える技術の最新開発動向を紹介していきます。(編集部)(2010/8/11)

「ファイナルファンタジー」最新作への近道がここにある:
PR:「FINAL FANTASY® XIV βテスト レジストレーションコード」が付属する日本HPのキャンペーンモデルPCで、どれくらい快適に遊べるのか検証してみた
9月30日にWindows版が発売される、期待のMMORPG「ファイナルファンタジー® XIV」。日本HPは同作品の推奨認定モデルを発売、このPCならば「ファイナルファンタジー® XIV」を快適に遊べるというワケだ。実際、どれくらい快適なのかをリポートしていく。(2010/7/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
安売りの向こう側へ――適正価格を望む「売る側」の戦い
日立GSTがリテールパッケージのHDDを投入し、アスクは一部のXFX製カードの返品キャンペーンを開始している。この2つの動きにはちょっとした共通点があるとかないとか……。(2010/7/26)

神様が伝述する「Kシリーズオーバークロック」の極意──DIY PC Expo in Nagoya
秋葉原を飛び出した自作PCユーザーのお祭りに、主要チップベンダーのキーマンが登場。自作PCユーザーの“名古屋場所”は大いに盛り上がった。(2010/7/5)

イマドキのイタモノ:
新ドライバでもっと遊べる!──「Big Bung-Fuzion」の“柔軟なパワー”を楽しむ
「異種混合」マルチGPU環境が構築できるマザーボードとして注目を集めた「Big Bang-Fuzion」。BIOSとドライバの更新でなかなか安定しなかった挙動も性能も解決。その実力をチェックする。(2010/6/23)

古田雄介のアキバPickUp! 番外編:
「いろんな人に深く自作を楽しんでほしい」――2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣
自作PCの祭典「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」が開催され、コアな自作ユーザーから声優ファン、女性やカップルまで、幅広い客層がベルサール秋葉原に集まった。(2010/6/14)

サムスン、スタンド一体型の3面/6面マルチ液晶システム発売
日本サムスンは、23型ワイド液晶3台/6台をセットにしたマルチ液晶システム「MD230x3」「MD230x6」を発売する。(2010/6/9)

SAPPHIRE、4GバイトGDDR5搭載のRadeon HD 5970搭載グラフィックスカード
アスクは、SAPPHIRE製のRadeon HD 5970搭載グラフィックスカード2モデルの取り扱いを発表した。(2010/5/18)

5分で分かった気になる、4月のアキバ事情:
大物が出そろい“6コア時代”に突入した4月のアキバ
連休を前にして、各社が超目玉級のアイテムを投入したのが4月。CPUはCore i7-980XとPhenom II X6で6コア時代に突入し、GPUはGeForce GTX 480/470やRadeon HD 5870 Eyefinity 6で“次世代”を見せつけた。(2010/5/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。