ニュース
» 2010年09月16日 15時12分 UPDATE

Adobe、iPad向けデジタルマガジンの制作支援ツールをリリース

米Adobe Systemsは、同社の電子書籍向けプラットフォーム「Digital Publishing Platform」で作成されたデータのプレビューを行うためのiPadアプリをリリースした。

[西尾泰三,ITmedia]

制作側のプレビューツールとして

 米Adobe Systemsは9月13日、同社の電子書籍向けプラットフォーム「Digital Publishing Platform」を使用して作成された電子書籍のプレビューを行うためのiPadアプリ「Adobe Content Preview Tool」をリリースした。価格は無料。

 同アプリは、Adobe InDesign CS5で作成したデータをObjective-CやAdobe AIRを用いてマルチプラットフォームに対応させる「Digital Publishing Platform」を補完するためのもの。

 Digital Publishing Platformでは、InDesign CS5でページレイアウトと双方向機能を追加、さらに記事のタイトルと説明、雑誌の号数といったメタデータを追加したものを「.issue」フォーマットで書き出した後、今後提供予定のユーティリティ「Digital Content Bundler」で素材のパッケージ化を行う。このパッケージ化されたデータを「Digital Content Viewer」でレンダリングして読者に届けるというのが基本的なワークフローとなる。

 今回リリースされたアプリは制作側がプレビューツールとして利用するiPad向けのDigital Content Viewerといえる。同社では今後、Adobe AIRによるDigital Content Viewerも用意する予定だとしている。

 Digital Publishing Platformの技術を全面的に採用した事例としては、iPad用アプリ「WIRED Magazine」がよく知られている。このパブリッシング技術が提供されることで、InDesignの価値が改めて見直されるとともに、従来の出版産業がマルチプラットフォームに展開する動きが加速するとみられる。

tnfig1.jpg Digital Publishing Platformの技術を用いて制作された「WIRED Magazine」(左)とAdobe Content Preview Tool(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.