ニュース
» 2010年11月16日 18時47分 UPDATE

アスク、ZOTACのGeForce GTX 460 SE搭載モデル

アスクは、ZOTACのGeForce GTX 460 SE搭載グラフィックスカード「ZOTAC GeForce GTX460 SE 1GB」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 「ZOTAC GeForce GTX460 SE 1GB」は、GeForce GTX 460 SEを搭載したグラフィックスカードで、出荷は11月15日以降から順次としているが、実売予想価格は不明だ。

 NVIDIAが明らかにした情報によると、GeForce GTX 460 SEは、CUDAコアを288基搭載し、コアクロックは650MHz、プロセッサクロックは1300MHzとされる。グラフィックスメモリはGDDR5を1Gバイト実装してメモリバス幅は256ビット、メモリクロックは1700MHz、メモリ帯域幅は108.8Gバイト/秒となる。

 そのほかの仕様は、2枚構成のSLI構築、3D Visionの対応、PureVideo HDの実装、CUDA Technologyのサポート、DirectX 11の対応など、ほかのGeForce GTX 460シリーズと共通する。

 ZOTAC GeForce GTX460 SE 1GBの仕様は、NVIDIAのリファレンスデザインからコアクロックが680MHz、プロセッサクロックが1360MHzとクロックアップされている。グラフィックスメモリ関連の仕様は共通で、映像出力インタフェースは、デュアルリンク対応DVI-IとHDMI(1.4a準拠)、DisplayPortを備える。外部電源コネクタは6ピン×2の構成で、最大消費電力は150ワット。

 アスクは、「ZOTAC GeForce GTS450 512MB」の取り扱い開始も発表した。CUDAコアを192基搭載し、コアクロックが810MHz、プロセッサクロックが1620MHz、グラフィックスクロックが1804MHz。グラフィックスメモリとしてGDDR5を512Mバイト実装する(メモリバス幅は128ビット)。出荷開始は11月15日からの予定で、実売予想価格は未定だ。

kn_gtx460se_01.jpg 左がGeForce GTS 450を搭載したオーバークロックモデル「ZOTAC GeForce GTS 450 512MB」、右がGeForce GTX 460 SEを搭載した「ZOTAC GeForce GTX 460 1GB」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう