ニュース
» 2011年04月14日 19時17分 UPDATE

各ベンダーからGeForce GT 520搭載モデル

NVIDIAのバリュークラスGPU「GeForce GT 520」を搭載したグラフィックスカードが、各ベンダーからリリースされた。

[ITmedia]

 NVIDIAが4月12日に発表した「GeForce GT 520」はGeForce 500シリーズのバリュークラスモデルで、CUDAコアを48基内蔵する。リファレンスデザインでは、コアクロックが810MHz、シェーダクロックが1620MHz、グラフィックスメモリクロックが900MHzに設定される。サポートするグラフィックスメモリの容量は1024Mバイトまでで、NVIDIAの資料では、バス幅が64ビットとされている。

 DirectX 11をサポート、CUDA、PhysXに対応し、HDMI 1.4a接続のステレオ立体視対応ディスプレイでBlu-ray 3Dが利用できるのは、ほかのGeForce 500シリーズと同様だ。

Leadtek 「WinFast GT520-1GD3」「WinFast GT520-512MD3」

 アスクは、Leadtekの「WinFast GT520-1GD3」と「WinFast GT520-512MD3」の取り扱いを開始する。ともにコアクロックは810MHz、グラフィックスメモリクロックは1066MHzでシェーダクロックは1620MHzに設定される。

 グラフィックスメモリのバス幅は128ビットとされており、WinFast GT520-1GD3はDDR3を1Gバイト、WinFast GT520-512MD3はDDR3を512Mバイト実装する。映像出力インタフェースは、デュアルリンクのDVIにHDMI、アナログRGBを備える。

 出荷開始は4月14日の予定だ。

kn_gt520card_01.jpg WinFast GT520-1GD3

GALAXY Microsystems 「GF PGT520-LP/1GD3」

 エムヴィケーは、GALAXY Microsystems「GF PGT520-LP/1GD3」の取り扱いを開始する。実売予想価格は6500円前後とみられる。

 コアクロックは810MHz、グラフィックスメモリクロックは800MHz(DDR転送レートで1600Mbps相当)、シェーダクロックは1620MHzとなる。グラフィックスメモリはDDR3を1024Mバイト実装し、バス幅は64ビットとされる。

 映像出力インタフェースは、デュアルリンク対応のDVIにHDMI、アナログRGBを備える。

kn_gt520card_02.jpg GF PGT520-LP/1GD3

玄人志向 「GF-GT520-LE1GH」

 玄人志向は、「GF-GT520-LE1GH」を発表した。出荷開始は4月16日からで、実売予想価格は5000円前後とみられる。

 コアクロックは810MHz、グラフィックスメモリクロックは1080MHz。DDR3を1Gバイト実装してバス幅は64ビットとされる。映像出力インタフェースはDVI、HDMI、アナログRGBをそれぞれ1基備える。

kn_gt520card_03.jpg GF-GT520-LE1GH

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう