ニュース
» 2011年05月16日 13時00分 UPDATE

2011年PC夏モデル:デジタル3波対応ダブルチューナーを搭載した液晶一体型PC――「dynabook Qosmio D711」

21.5型ワイドの液晶一体型PC「dynabook Qosmio D711」は、最新CPUの採用とデジタル3波対応のダブル−チューナーを搭載したのが見どころだ。

[ITmedia]

新世代システムを採用し、3波対応ダブルチューナー搭載モデルも登場

og_d711_001.jpg dynabook Qosmio D711

 東芝の21.5型ワイド(1920×1080ドット)液晶一体型PC「dynabook Qosmio D711」は、搭載CPUや光学ドライブで差別化した3モデル(各3色のカラーバリエーション)が投入される。価格は順に、最上位デルの「D711/T9C」が20万円台半ば、「D711/T7C」が18万円前後、「D711/T5C」が14万円台半ば。上位2モデルは5月20日より順次、再下位モデルは6月上旬に発売される予定だ。

 2011年夏モデルのポイントは、基本アーキテクチャの刷新と地デジ機能の強化だ。D711/T9Cは、CPUにCore i7-2630QM (2.0GHz/最大2.9GHz)を、D711/T7CはCore i5-2410M (2.3GHz/最大2.9GHz)、D711/T5Cは新型Pentiumをそれぞれ採用して性能を向上したほか、最上位のD711/T9CはHDD容量を2Tバイトに増やし長時間の録画を可能にしている。また、上位2モデルはBC/CS/地デジの3波に対応したダブル−チューナーを内蔵した(下位モデルは地デジのみのシングルチューナー)。なお、光学ドライブは上から順に、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、Blu-ray Dsicドライブ、DVDスーパーマルチドライブで差別化されている。

 OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートとしてMicrosoft Office Home and Business 2010がプリインストールされる。

dynabook Qosmio D711店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
dynabook Qosmio D711 D711/T9C(3色) 液晶一体型 CPU/HDD/TV機能強化 Core i7-2630QM (2.0GHz/最大2.9GHz) 4GB (DDR3) 2TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 20万円台半ば
D711/T7C(3色) 液晶一体型 CPU/TV機能強化 Core i5-2410M (2.3GHz/最大2.9GHz) 4GB (DDR3) 1TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 18万円前後
D711/T5C(3色) 液晶一体型 新アーキテクチャ 新型CPU 4GB (DDR3) 1TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 14万円台半ば
dynabook Qosmio D711店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook Qosmio D711 D711/T9C(3色) 21.5型ワイド 1920×1080 Intel HM65 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ×2/Office Home and Business 2010 約8.5キロ
D711/T7C(3色) 21.5型ワイド 1920×1080 Intel HM65 Blu-ray Disc CPU統合 3波デジ×2/Office Home and Business 2010 約8.5キロ
D711/T5C(3色) 21.5型ワイド 1920×1080 未公開 DVDスーパーマルチ 後報 地デジ/Office Home and Business 2010 約8.5キロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう