レビュー
» 2011年10月08日 15時00分 UPDATE

発売記念 写真&動画レビュー:Androidタブレット+スライド式キーボードの「Eee Pad Slider SL101」を速攻チェック (1/3)

キーボード付きAndroidタブレットにタダならぬ情熱を燃やすASUSから、またもユニークな製品が日本上陸。“スライド式キーボード”を備えた新モデル「Eee Pad Slider SL101」の出来栄えは?

[前橋豪, 撮影:矢野渉,ITmedia]

タブレットにキーボードが欲しいユーザー必見の「Eee Pad」再び

 ASUSTeK Computer(ASUS)は10月8日、10.1型ワイド液晶とキーボードが備わったAndroidタブレット「Eee Pad Slider SL101」の国内販売を開始した。

 一見するとごく普通のタブレットだが、スライド式キーボードを内蔵しており、液晶ディスプレイ部をずらして起こすだけで、ノートPCのようなスタイルに早変わりするのが特徴だ。

ASUSの「Eee Pad Slider SL101」。見た目は標準的な10.1型ワイド液晶搭載のタブレットだが……

横位置の状態で液晶ディスプレイをスライドして起こすと、キーボードが現れる

 ASUSが2011年6月に発売した「Eee Pad Transformer TF101」は、10.1型ワイド液晶搭載のAndroidタブレットと着脱式のモバイルキーボードドックを組み合わせることで、タブレットスタイルとノートPCスタイルの2つの使い方を状況に応じて選択できる“トランスフォームスタイル”を採用していた。

 新発売のEee Pad Slider SL101も、タブレットスタイルとノートPCスタイルの2つの使い方を選べるが、キーボードは着脱式ではなく、コンパクトなスライド式キーボードを内蔵し、そのうえで薄型・軽量を追求している。

 いずれもタブレットでしっかりした文字入力がしたいユーザー向けの製品で、どちらがベターかは使い方によって変わってくるだろう。

 ただ、Eee Pad Slider SL101はキーボードの内蔵により、タブレット端末としてサイズは少し大きくなるものの、状況に応じてキーボードを着脱して、携帯利用時にキーボードも持っていったり、あるいは置いていったり、といった判断が不要になったため、幅広いユーザーにとって扱いやすいのではないだろうか。

 今回はEee Pad Slider SL101の特徴を写真と動画でチェックしていこう。

黒を基調としたパッケージは品よく仕上がっている(写真=左)。箱を開けると、フィルムでカバーされた本体がいきなり現れるのは、アップル製品を思わせる演出だ(写真=中央)。本体の下には、マニュアルや保証書が入った黒い封筒があり、その下にUSB ACアダプタが収納されている(写真=右)

スムーズに出し入れできるスライド式キーボード

 最大の特徴となるスライド式キーボードは、横位置の状態で液晶ディスプレイ部を奥にずらしながら持ち上げると、ディスプレイ裏側のアームが立ち上がり、隠れていたキーボードが現れる仕組みだ。不意にキーボードが飛び出してしまわないよう、固めに閉じているが、液晶ディスプレイをグッと少しだけずらせば、後はスムーズに動作する。

 折りたたんだ状態での安定性を高めるため、液晶ディスプレイ部の四隅などにマグネットを内蔵したり、液晶ディスプレイ部の裏にフックを設けてキーボード利用時にはしっかり固定したり、とスライド式キーボード機構についてはよく練られている。ちなみにキーボード利用時は液晶の角度が約140度で固定され、チルト角度の調整などは行えない。

液晶ディスプレイ部を奥にスライドさせながら持ち上げると、ディスプレイ裏側のアームが立ち上がり、隠れていたキーボードが現れて、液晶が固定される

キーボードを開いた状態の前面(写真=左)と背面(写真=右)

キーボードを開いた状態の左側面(写真=左)と右側面(写真=右)。液晶の角度は約140度に固定される

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.