ニュース
» 2011年10月11日 18時00分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2011:これが未来のテーブルですね――パイオニアの「コミュニケーションテーブル」

パイオニアブースで参考出展されていた「コミュニケーションテーブル」は、会議や家族間コミュニケーションの未来を感じさせるものだった。大型ディスプレイとPCをテーブルに組み込み、画面上の画像や映像を手を使って直感的に動せる。

[池田憲弘,ITmedia]

会議や家族間コミュニケーションの未来を提案

photo パイオニアブースの様子

 CEATEC JAPAN 2011のパイオニアブースでは、新しい家族間コミュニケーションの提案として「コミュニケーションテーブル」が参考出典されていた。テーブル面のディスプレイに画像や映像コンテンツを広げるように配置でき、テーブルを囲んでコンテンツを閲覧したり、タッチで操作できる。タッチパネルは最大10点のマルチタッチに対応しており、複数人で同時に操作することも可能だ。

photophoto コミュニケーションテーブル。テーブルの中央に大きなディスプレイを内蔵する(写真=左)。画像や映像のファイルを直感的に動かせ、複数人の同時操作にも対応する(写真=右)

 コミュニケーションテーブルは、2011年8月に発売した法人向けの会議用テーブル「ディスカッションテーブル」を家庭用にデザインなどをアレンジしたものだ。ディスカッションテーブルはPDFや画像のほか、PCやタブレットのデスクトップ画面や、スキャナで取り込んだアナログの資料をディスプレイ上に表示できる。図面や写真などをよく使う製造業で売れているという。

photophoto コミュニケーションテーブルの説明(写真=左)。壁に掛けてあるディスプレイに向かって画像や映像ファイルを“投げる”と壁に掛けたディスプレイに画像(や映像)が表示される(写真=右)

 このほか、TransfarJet接続でテーブルの上に置いたデジカメのデータをディスプレイ上に表示できたり、ディスプレイに表示されている画像の上にスマートフォンを乗せ、スマートフォン内に画像データを取り込んだりすることも可能だ。電子書籍に載っている商品にタッチしてそのまま購入するといった、ネット連携の手軽な購買シーンも提案する。

photophotophoto このマークの上にデジカメを置けばTransferJet接続で、デーブル上のディスプレイに画像データが表示される(写真=左)。スマートフォンを画像の上に乗せると、画像を取り込める(写真=中央)。電子化された雑誌の商品を手軽に購入することも可能だ(写真=右)

 会場では、説明員がデジカメで来場者の写真を撮り、画像データをディスプレイ上に表示、スマートフォンで画像データを取り込むというデモが行われていた。テーブルの周りには常に人だかりができており、注目の高さがうかがえる。

 法人向けに販売しているディスカッションテーブルは2011年10月12日から10月14日まで東京ビッグサイトにて行われる「ITpro EXPO 2011」に出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.