ニュース
» 2011年12月13日 16時00分 UPDATE

HDD不足はしばらく続く:インテル、業績予想を下方修正 タイ洪水の影響で

インテルは、2011年第4四半期の業績予想を下方修正した。タイで発生した洪水によるHDDの供給不足を原因の1つに挙げている。

[池田憲弘,ITmedia]

 インテルは12月12日(現地時間)、2011年第4四半期の業績予想を下方修正した。タイで発生した洪水によるHDDの供給不足が原因だ。売上高の予測は147億ドル±5億ドルから、137億ドル±3億ドルに修正し、祖利益率の予測も65パーセント±2パーセントから、64.5パーセント±2パーセントに変更した。

 2011年第4四半期におけるPCの販売台数は、対前期比で増加するとインテルはみているが、HDDの供給不足をふまえ、世界規模でPCのサプライチェーンが在庫を減らし、CPUの発注を控えているという。

 インテルは、HDDの供給不足は2012年第1四半期も続くが、2012年半ばまでに供給が安定すると予測している。

関連キーワード

HDD | Intel | 下方修正 | 業績予想 | 洪水


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう