ニュース
» 2012年03月21日 21時30分 UPDATE

消費電力16ワットの省電力モデルも:アイ・オー、超解像技術搭載の23型IPS液晶ディスプレイ

アイ・オー・データ機器は超解像技術を搭載する液晶ディスプレイを3製品、省電力を重視した液晶ディスプレイを1製品発売する。

[池田憲弘,ITmedia]
photo LCD-MF234XPBR

 アイ・オー・データ機器は3月21日、超解像技術を搭載する液晶ディスプレイを2012年3月下旬より発売する。ラインアップは、23型ワイドのIPSパネルを採用する「LCD-MF234XPBR」、23型ワイドの「LCD-MF234XBR」、21.5型ワイドの「LCD-MF224XBR」の3製品。価格はオープンで、同社直販サイト「アイオープラザ」内の価格はそれぞれ2万1800円(税込み、以下同)、1万9800円、1万7800円だ。

 これらの製品はLEDバックライト搭載でノングレアタイプの液晶ディスプレイだ。LCD-MF234XPBRの主な仕様は、最大解像度が1920×1080ドット、表示色数は1677万色、コントラスト比は1000:1(ダイナミックコントラスト比8万:1)、視野角は上下/左右ともに178度で、応答速度が中間色14ms(オーバードライブ時8ms)、輝度は250カンデラ/平方メートルとなる。

 IPSパネルを採用しない2製品のスペックは、応答速度が5ms(オーバードライブ時2ms)で、視野角が上下160度/左右170度であること以外はLCD-MF234XPBRと共通する。

 映像入力インタフェースは3製品とも共通でDVI-D、アナログRGB、HDMI×2の4系統を備え、音声は1.5ワット+1.5ワットのステレオスピーカーを内蔵する。それぞれの本体サイズと重量は以下の通り。

新製品の本体サイズと重量
型番 本体サイズ(幅×奥行き×高さ ミリ) 重量
LCD-MF234XPBR 546×174×409 4.1キロ
LCD-MF234XBR 546×174×409 3.9キロ
LCD-MF224XBR 511×164×371 3.2キロ
photo LCD-MF242EWR

 同じくノングレアタイプの23.6型ワイド液晶「LCD-MF242E」シリーズを2012年4月下旬に発売する。価格はオープンで、同社直販サイト「アイオープラザ」内の価格は1万9800円。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色を用意する。

 LEDバックライトを採用しており、通常使用時の消費電力を16ワットに抑えたほか、自動電源オフ機能、PC非使用時に自動で輝度が低下する機能(同社製のアプリ「エコ番人」が必要)など、省電力に注力したモデルとなる。

 主な仕様は、最大解像度が1920×1080ドット、表示色数は1677万色、応答速度は5ms、コントラスト比は1000:1(ダイナミックコントラスト比500万:1)、輝度は300カンデラ/平方メートル、視野角が上下160度/左右170度。映像入力インタフェースはDVI-D、アナログRGB、HDMIの3系統を備え、音声は2ワット+2ワットのステレオスピーカーを内蔵する。

 本体サイズは556(幅)×218(奥行き)×418(高さ)ミリで、重量は4.5キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう