ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ノングレア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ノングレア」に関する情報が集まったページです。

液晶一体型PCの今:
Office付きのオールラウンダー「ASUS Zen AiO 24」を試す
ASUS JAPANの液晶一体型デスクトップPCに、新モデル「ASUS Zen AiO 24」が加わった。新デザインのボディーやRyzen搭載モデルの追加など、見どころが多い実機をチェックした。(2021/5/14)

マウスコンピューター、GeForce RTX 3060 Laptop GPUと165Hz液晶パネルを搭載したノートPCを発売
マウスコンピューターは、同社のゲーミングパソコンブランドG-Tuneより、GeForce RTX 3060 Laptop GPUとリフレッシュレート165Hzに対応する液晶パネルを搭載した15.6型ゲーミングパソコン「G-Tune E5-165」を発売した。(2021/5/7)

PR:WQHDで165Hzの液晶を搭載! 高解像でなめらかなプレイを楽しむなら「G-Tune E5-165」はどうだ?
ノートPCでゲームを楽しみたいけど、フルHDではなくもっと高解像でなめらかな画面でヌルヌルとプレイしたい――。数あるゲーミングノートPCの中でも、こういった要望に応えてくれるモデルは実は多くない。マウスコンピューターの「G-Tune E5-165」はどうなのだろうか?(2021/4/30)

PR:性能も体験もワンランク上のハイエンドゲーミングノートPC「G-Tune H5」を試して分かったこと
マウスコンピューターのゲーミングノートPC「G-Tune」シリーズに加わった「G-Tune H5」は、240Hzの高いリフレッシュレートとメカニカルキーボードを備えたハイエンドモデルだ。その実力を確かめてみた。(2021/4/26)

モバイルディスプレイの道:
わずか590g! USB Type-C接続限定で驚きの軽さを実現したASUSの14型モバイルディスプレイを試す
さまざまなモバイルディスプレイを投入しているASUS JAPANから、同社初となる14型モデルが登場した。軽量ボディーとユニークな特徴を備えた本製品を試した。(2021/4/21)

PR:待ちに待った「VAIO Z」が復活! VAIO ストアで圧倒的な性能を手に入れよう
VAIOのフラッグシップノートPC「VAIO Z」に約5年ぶりの新モデルが登場した。圧倒的なハイスペックと軽量ボディーを備えるVAIO Zの特徴を確認しつつ、一番おトクに購入できる方法を紹介しよう。(2021/4/21)

モバイルディスプレイの道:
据え置き用スタンド付属でオフィスや在宅ワークに適したモバイルディスプレイを試す
アイティプロテックの15.6型モバイルディスプレイ「LCD15HCC-IPS」。パッと見はスタンダードなモバイルディスプレイに見えるが、ユニークな付属品で独特な魅力を備えたモデルに仕上がっている。実機をチェックした。(2021/4/8)

PR:赤が映える! 性能がうなる! 浦和レッズオフィシャルパソコンを手にして分かったこと
マウスコンピューターは、2019年5月から浦和レッズの「オフィシャルPCサプライヤー」となり、2020年2月にはオリジナルデザインのノートPC2モデルを世に出した。2021年、その後継となるモデルが大幅にパワーアップして登場している。どこが変わり、何が変わらなかったのか、実機を細かくチェックした。(2021/3/31)

PR:テレワークの課題はエプソンのモバイルPCとモバイルディスプレイで解決しよう!
もはや、テレワークや在宅ワークは珍しいことではなくなった。そうなると、オフィス以外の環境でいかにして生産性を高めるのかが課題として浮かび上がる。用途に応じて選べるモバイルPCを用意しているエプソンの注目製品を見ていこう。(2021/3/31)

「ThinkPad X/Tシリーズ」の2021年モデルが登場 第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)を搭載 Web会議ニーズを反映した機能強化も
ThinkPadのメインストリームを担う「Xシリーズ」と「Tシリーズ」の2021年モデルが登場する。Web会議ニーズを踏まえて、一部のモデルでは1080p(フルHD/1920×1080ピクセル)撮影に対応するWebカメラを搭載できるようにした。(2021/3/23)

レノボが「ThinkPad X1」シリーズの新モデルを3月23日発売 設計を刷新して32GBメモリにも対応
レノボのフラグシップノートPC「ThinkPad X1」シリーズのクラムシェルモデルとコンバーチブル型2in1モデルが、第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)を搭載してフルモデルチェンジを果たした。今回からは32GBメモリの搭載にも対応する。(2021/3/23)

Ryzen搭載モデルの中でもひときわ光る14型モバイルPC「mouse X4-R5」の魅力
モバイルPCにも、AMDのRyzenを採用したモデルが増えている。マウスコンピューターの「mouse X4-R5」は、CPUにAMDのRyzen 5 4600Hを搭載した14型モバイルPCだ。税別7万6800円から購入できる高コスパモデルをチェックしよう。(2021/3/2)

PR:Office付きで税込み10万円以下の高コスパ大画面ノートPC「Modern-15-A10M-478JP」をお勧めする理由
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)から、15.6型ノートPC「Modern 15 A10 」(Modern-15-A10M-478JP)が登場した。Office付きで10万円を切るコストパフォーマンスが魅力となる本機の実力を確かめた。(2021/2/26)

PR:会社から「テレワーク支援金」が出たら何を買うべき? その道のプロに聞いてみたところ……
先日、PC USER編集部に「5万円のテレワーク支援金をどう生かすべき?」という問い合わせが寄せられた。悩んだ編集部員Iは、その道の専門家であるライターAさんの門をたたいた。そこで得られたアドバイスとは……?(2021/3/1)

“軽い”だけではない! 新型「VAIO Z」を徹底解説(前編)
VAIOノートPCのフラグシップモデルが、約4年ぶりに一新される。カーボン素材を使ったボディーによってハイスペックながらも軽量設計であることが特徴だが、単に「強いCPUを積んだ」「軽いノートPC」というだけではない。この記事では、外観や機構を中心に新モデルの詳細を紹介する。(2021/2/19)

最軽量構成は1kg切り! Core H35×フルカーボンボディーの「VAIO Z」が3月5日登場 直販税込み26万700円から
約4年ぶりに「VAIO Z」の新モデルが登場する。Intelの第11世代Core H35プロセッサ(Tiger Lake)を搭載するハイスペックモデルながら、ボディーのほぼ全てをカーボン素材とすることで1kgを切ることに成功したことが特徴だ。(2021/2/18)

Ryzen 9 5900HX×RTX 3080×300Hz液晶のモンスターPC「ROG Strix SCAR 17」を試す
ASUS Japanから発売されるゲーミングノートPC「ROG Strix SCAR 17」は、ノートPC向けの最新CPUとGPUを搭載するだけでなく、さまざまなギミックを満載したモンスターモデルだ。(2021/2/18)

PR:エンタメもテレワークもオンライン授業も快適に! 17.3型の大画面オールインワンノートPC「mouse F7」の勧め
テレワークや巣ごもり需要で、大画面PCが脚光を浴びている。映画や動画などのエンターテインメントを楽しむだけでなく、ExcelやPowerPointなどでの業務作業もスムーズにこなせるからだ。マウスコンピューターの17.3型ノートPC「mouse F7」を実際に試してみた。(2021/2/17)

PR:最新のレッツノートでテレワークやオンライン生活を快適に乗り切ろう!
日本国内でモバイルパソコンの代名詞となっているパナソニックの「レッツノート」シリーズ。テレワークの急速な普及で改めてパソコンの性能や使いやすさに注目が集まる中で、新モデルはどのような仕上がりになっているのか。最新モデルをチェックした。(2021/1/26)

モバイルディスプレイの道:
税込み1万6980円ながら実力は折り紙付き Pixio Japanの15.6型モバイルディスプレイ「PX160」を試す
Pixio Japanの「PX160」は、15.6型と王道のサイズを備えつつ、税込みで1万6980円と低価格が魅力のモバイルディスプレイだ。その実力はどうなのかをチェックした。(2021/1/15)

CES 2021:
MSIがGeForce RTX 3080/3070/3060搭載ゲーミングノートPCを発表――限定モデルの投入も示唆
MSIがCES 2021に合わせて、ゲーミングノートPCのフルモデルチェンジを発表した。いずれもNVIDIAの新モバイル向けGPUのGeForce RTX 3080/3070/3060を搭載しているのが特徴だ。同時に、限定モデルの投入もほのめかした。(2021/1/14)

外でも快適プレイ:
240Hz対応のモバイルディスプレイはPCゲームでどれだけ役立つのか
ASUS JAPANの「ROG Strix XG17AHPE」は、240Hzの高リフレッシュレートをサポートしたモバイルディスプレイだ。場所を選ばずに快適にゲームをプレイできるのか、実際に確かめた。(2021/1/7)

モバイルディスプレイの道:
VESAマウント対応で実売2万円台前半のモバイルディスプレイ「CIO-MBMN1080P」を試す
CIOの15.6型モバイルディスプレイ「CIO-MBMN1080P」は、標準でVESAマウントに対応したユニークな製品だ。実売で税込み2万2000円を切る価格面でも魅力的な本製品をチェックした。(2021/1/5)

PR:“まるで高級車のような乗り心地”をノートPCで実現した極上のクリエイター向けモデル「DAIV 7N」の大いなる魅力
マウスコンピューターがクリエイター向けに渾身(こんしん)のモデルを投入した。今ある最高のパーツでノートPCを作ったら……という夢のようなスペックのモンスターPCだ。「DAIV 7N」の実力をチェックした。(2020/12/25)

PR:横置き? 前後置き? 仕事の効率を高めるディスプレイの使い方
(2020/12/23)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 5 5600Xに熱視線――ASUSTeKとMSIからRyzen向けオーバークロックマザーボードが登場
先週はオーバークロック向けのAMD X570/B550マザーボードの他、リフレッシュレート360Hzの超高速モニター、Thunderbolt 3接続のGeForce RTX 3090ユニットなど、“とがった”新製品が目立っていた。(2020/12/21)

PR:オフィスの最適化に超小型PC「ASUS Mini PC PN62」という新たな選択肢
これまでは出社して全員集合というのが当たり前であったが、新型コロナウイルスの影響でオフィスの状況がガラリと変わりつつある。在宅ワーク、シェアオフィスやサテライトオフィスといったテレワーク時はノートPCが当たり前の中で、実はお勧めの超小型PCという新たな選択肢を取り上げる。(2020/12/21)

PR:薄型軽量で約25時間のバッテリー駆動!? ニューノーマル時代のモバイルPC「NB4」の衝撃
(2020/12/17)

PR:白いカーボンで軽くて頑丈、しかもパワフル!「Yoga Slim 750i Carbon」で新次元の快適モバイルライフを手に入れよう!!
レノボ・ジャパンの「Yoga Slim 750i Carbon」は、インテル Evo プラットフォームに準拠した13.3型モバイルノートPCだ。見た目にも美しいムーンホワイトのカーボンボディーを採用することによって、約966gという軽量ボディーを持ちながらもMIL規格に準拠する耐衝撃性能を備えている。それでいて、性能面で妥協もしていない。その実像をチェックしていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2020/12/15)

PR:新しいPCで仕事も遊びもパワーアップ! ボーナスで快適なライフスタイルを手に入れよう!
ライフスタイルに大きな変化があった2020年だが、これほどPCに注目が集まることも近年なかっただろう。オンライン生活やデジタル化の要となるPCをパワーアップすることで、快適な毎日を過ごすことが可能になる。その助けとなる、お勧めモデルを選んだ。(2020/12/8)

5G対応オプションもあり:
最軽量構成は約907g 13型モバイルノートPC「ThinkPad X1 Nano」日本上陸 Tiger Lake(UP4)搭載で税別26万円から
9月にグローバル発表された1kg切りのThinkPadが、日本における受注を開始する。従来の超省電力プロセッサに相当する「UP4」フォームファクタを採用しつつも、放熱機構に工夫を凝らすことで「UP3」フォームファクタ並みのパフォーマンスを発揮できるという。(2020/12/8)

在宅ワークにも趣味にも大活躍!:
PR:新時代にフィットする軽量大画面スリムノートPC「Prestige 15」の魅力
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)のハイパフォーマンスノートPC「Prestige 15」(Prestige-15-A11SCS-006JP)が登場した。Intel最新の第11世代CPU(開発コード名:Tiger Lake)を採用したニューモデルの実力を確かめた。(2020/12/8)

税込み9万円切りの6コアAPU搭載パワフルノートPC「mouse B5-R5」を試す
さまざまなブランドのPCを展開するマウスコンピューターだが、最もスタンダードな「mouse」シリーズに高コスパのモデルが加わった。「mouse B5-R5」の実力を見ていこう。(2020/11/24)

PR:デジタル化/オンライン化の波に乗ろう! マウスコンピューターのPCで快適な生活を手に入れる
2020年ほど、自宅における生活や環境に注目が集まった年も珍しい。その快適な在宅ワークや在宅学習、ひいては日常の生活の鍵を握るのがPCであり、用途に適した最新PCを手にすることで、環境は大きく改善される。多彩なモデルを用意する、マウスコンピューターのPCの中からお勧め製品を紹介しよう。(2020/11/20)

Dynabook、ワコム製デジタルペン付属の新ノートPC 360度ヒンジ採用で23万円
Dynabookがタブレットにもなる“2 in 1”ノートPCの新モデル「F8」を発表。360度ヒンジやペン入力を採用し、リモートワークやオフィスワーク、イラスト制作など趣味での使いやすさを高めたという。価格は23万円で、12月下旬に発売する。(2020/11/10)

Tiger Lake搭載:
コンシューマー向けプレミアム2in1 PC「dynabook V」「dynabook F」登場 ペン操作対応で“5in1”をうたう
Dynabookが、コンシューマー向け2in1 PCの新モデルを発表した。スタイラスペンでの操作に対応し、同社では“5in1”で使えるとアピールしている。(2020/11/10)

PR:テレワークもスムーズにこなせる高コスパゲーミングノートPC「G-Tune P5」の魅力
テレワークで自宅のPCを購入したい、または買い換えたいと考えている人も多いだろう。パワフルなゲーミングPCは魅力だけど見た目が派手で……と思っている人に最適なモデルがある。マウスコンピューターの「G-Tune P5」の魅力に迫る。(2020/10/29)

iPhone 12シリーズ向けの抗菌加工強化ガラス アピロスから
アピロスは、抗菌加工強化ガラス「CRYSTAL ARMOR」からiPhone 12シリーズ対応モデルを発売。3年以上(同社調べ)抗菌効果が持続し、SIAAマークも取得している。(2020/10/23)

モバイルディスプレイの道:
コスパ優秀の15.6型モバイルディスプレイ「LD16W61」を試す
エプソンが投入した15.6型モバイルディスプレイ「LD16W61」は、税込み2万7500円とお手頃な価格が魅力の1台だ。その実力をチェックした。(2020/10/6)

部屋からディズニーの世界を眺める体験を 窓型ディスプレイが先行予約を開始
魔法の“窓”が夢のファンタジー世界を映し出します。(2020/10/4)

税込み3万円台! お手軽Windows PC「ASUS E210MA」を相棒にして分かったこと
3万円台のノートPCと聞くと思わずChromebookを連想してしまうが、実はWindows PCも購入可能だ。しかも、重量が約1.08kgのモバイルPCが用意されている。「ASUS E210MA」をチェックした。(2020/9/30)

圧巻のコストパフォーマンス!:
8コア16スレッド! Ryzen 7 3700X搭載のデスクノートPC「DAIV 5D-R7」を試す
マウスコンピューターの「DAIV 5D-R7」は、デスクトップPC向けのCPUを搭載したクリエイター向けノートPCだ。8コア16スレッドのRyzen 7 3700Xを備えた「DAIV 5D-R7」をテストした。(2020/9/29)

テレワークでも実力を発揮:
スリムでパワフル、4K対応でコスパ上々! 最新ゲーミングノートPC「ROG Zephyrus M15」の魅力
ASUSのゲーミングブランド「ROG」シリーズに、スリムタイプの「ROG Zephyrus M15」が投入された。従来のROGとは異なる新デザインを採用した新型はどうなのか。最上位モデルを試した。(2020/9/25)

PR:在宅勤務向け外部ディスプレイ選びのポイントは?
企業規模に限らずテレワークに踏み切る企業が増えているが、「かえって作業効率が落ちてしまった」という話も聞く。その要因はさまざまだが、オフィスと異なる作業環境も一因だ。在宅勤務での生産性を高める外部ディスプレイとは?(2020/9/11)

仕事もゲームも任せられるか? レノボ「Legion 550Pi」で確かめた
レノボ・ジャパンが2020年5月に発表したゲーミングノートPC「Legion 550Pi」。最新のIntel第10世代Core i7-10750HとGeForce RTX 2060のGPUを備えたモデルの実力を探ってみた。(2020/9/8)

モバイルディスプレイの道:
大迫力の17.3型モバイルディスプレイ、ASUS「ROG Strix XG17AHPE」を試す
テレワークなどで使うノートPCと組み合わせることで便利に使えるモバイルディスプレイだが、ASUSの「ROG Strix XG17AHPE」は、一般モデルよりワンサイズ大きい17.3型でバッテリーを内蔵した異色作だ。実機を細かくチェックした。(2020/9/7)

第3世代Ryzen Mobileの実力は? 「ThinkPad X13 Gen 1」AMDモデルを試す
AMDのCPU「Ryzen(ライゼン)」が、ノートPCの世界でも存在感を増している。最新の第3世代Ryzen Mobileプロセッサの実力はいかほどのものか、レノボの「ThinkPad X13 Gen 1」を通してチェックしていく。(2020/8/28)

ゲーミングPCの道:
実売約70万円、新たな2画面PCの可能性を広げるASUS「ROG Zephyrus Duo 15」で8コアの性能を確かめる
2画面搭載ノートPC製品を継続的にリリースするASUSTeKから、ゲーミングのROGブランドの名を冠した「ROG Zephyrus Duo 15」(GX550LXS)が発売された。税込み価格が70万円前後という、ウルトラモンスターPCの実力を見ていこう。(2020/8/20)

240Hz液晶にメカニカルキーボードと魅力満載のゲーミングノートPC「G-Tune H5」は何が変わったのか
IntelやAMDから新型CPUが登場したことを受け、各社のゲーミングPCに新モデルが相次いで登場している。マウスコンピューターの「G-Tune」で最上位モデルとなる「G-Tune H5」を細かくチェックした。(2020/8/19)

PR:最新Ryzenで税込み10万円を切る脅威のコスパを実現したMSIのビジネスモバイルPC「Modern 14 B4M」を試す
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)のビジネス向けノートPC「Modern 14 B4M」(Modern-14-B4MW-012JP)が熱い。AMDの新型プロセッサの搭載により、優れた性能と低価格を両立した本製品の実力をチェックしよう。(2020/8/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。