ニュース
» 2012年05月18日 13時00分 UPDATE

2012年PC夏モデル:ボディデザインとカラバリ一新、第3世代Core i7を搭載した主力A4ノート――「dynabook T552」

「dynabook T552」は、A4ノートの売れ筋モデル「dynabook T451」の後継機種だ。従来モデルの仕様を引き継ぎつつ、ボディデザインとカラーバリエーションを一新、CPUに第3世代Core i7を搭載した。(第2弾追加)

[池田憲弘,ITmedia]

売れ筋モデルに“Ivy Bridge”を搭載

photo 「dynabook T552」は「dynabook T451」の後継機種で、新モデルはボディデザインを一新した。光沢がありつつも、マット仕上げにより指紋が目立ちにくいよう配慮している。写真は、夏モデルから新しくカラーバリエーションに加わったルビーロゼだ

 東芝は5月18日、2012年夏モデルのノートPC「dynabook T552/58F」を発表した。これは同社の主力A4ノートPC「dynabook T451」の後継機種だ。2012年5月下旬に発売予定で、想定実売価格は16万円前後。

 夏モデルは、CPUがインテルの第3世代CoreプロセッサファミリーのCore i7-3610QM(2.3GHz/最大3.3GHz)となったほか、新デザインのボディを採用し、カラーバリエーションがプレシャスブラック、リュクスホワイト、シャンパンゴールド、ルビーロゼの4種類に増えたのが大きな特徴だ。

 CPU以外の主な仕様は、8Gバイトのメインメモリ、750GバイトのHDD、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、1366×768ドット表示の15.6型ワイド液晶ディスプレイなど。グラフィックス機能はCPU統合グラフィックス(Intel HD Graphics 4000)を用いる。インタフェースはギガビットLAN、100万画素のWebカメラ、HDMI出力、アナログRGB出力、USB 3.0×1、USB 2.0×2、音声入出力を備える。無線ネットワークは、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとインテルワイヤレスディスプレイを利用できる。

 スピーカーの容積が、従来機と比べて約3.7倍となり音質が向上したほか、臨場感のある映像や音を楽しめる音響技術「SRS Premium Sound HD」を採用した。また、内蔵のWebカメラで周囲に人がいるかどうかを検知し、ディスプレイの電源を自動で切り替える「TOSHIBA Active Display OFF」機能も備える。

photophotophotophoto カラーバリエーションは4種類に増加。左からプレシャスブラック、リュクスホワイト、シャンパンゴールド、ルビーロゼとなる。シャンパンゴールドはdynabook R731でも男女問わず人気の色だという

 OSはWindows 7 Home Premium(SP1)で、初回およびリカバリ時にユーザーが32ビット版か64ビット版を選択できる「セレクタブルOS仕様」は従来モデルと同様だ。オフィススイートはOffice Home and Business 2010(SP1)をプリインストールする。本体サイズは380(幅)×242(奥行き)×29〜33.4(高さ)ミリで、重量は約2.5キロ。バッテリー動作時間は約5.2時間と、従来モデルより0.6時間増加した。

Core i5/Celeron搭載のベーシックモデルも追加

 夏モデル第2弾として、Core i5-3210M、Celeron B820を搭載するベーシックモデル「T552/47F」「T552/36F」も追加する。

 それぞれ、新デザインのボディとシャンパンゴールド/ルビーロゼ/リュクスホワイト/プレシャスブラックのカラーバリエーションは同じ。T552/47FはCore i5-3210M、4Gバイトメモリ、750GバイトHDD、Blu-ray Discドライブを搭載し、実売14万円前後、T552/36FはCeleron B820、4Gバイトメモリ、750GバイトHDD、Blu-ray Discドライブを搭載し、実売11万円前後となる。


dynabook T552店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
dynabook T552 T552/58F (4色) 2スピンドル 新CPU、デザインチェンジ Core i7-3610QM (2.3GHz/最大3.3GHz) 8GB (DDR3) 750GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 16万円前後
dynabook T552店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook T552 T552/58F (4色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM76 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 ─ / Office Home and Business 2010 約2.5キロ

dynabook T552シリーズ(第2弾)店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ ストレージ OS 実売価格
dynabook T552 T552/47F (4色) A4スタンダード 新CPU、デザインチェンジ Core i5-3210M (2.5GHz/最大3.1GHz) 4GB 750GB HDD 64ビット版 7 Home Premium (SP1) 14万円前後
T552/36F (4色) A4スタンダード 新CPU、デザインチェンジ Celeron B820 (1.7GHz) 4GB 640GB HDD 64ビット版 7 Home Premium (SP1) 11万円前後
dynabook T552シリーズ(第2弾)店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook T552 T552/47F (4色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM76 BDXL対応 Blu-ray Disc CPU統合 (HD Graphics 4000) ― / Office Home and Business 2010 約2.5キロ
T552/36F (4色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM70 BDXL対応 Blu-ray Disc CPU統合 (HD Graphics) ― / Office Home and Business 2010 約2.5キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう