ニュース
» 2012年05月29日 11時38分 UPDATE

レノボ、8万円台からのCore i3/Xeon搭載対応エントリーWS「ThinkStation E31」

レノボ・ジャパンは、エントリークラスモデルとなるデスクトップ型ワークステーション「ThinkStation E31」「ThinkStation E31 SFF」を発表した。

[ITmedia]
photo ThinkStation E31 SFF(左)、同 E31(右)

 レノボ・ジャパンは5月29日、エントリークラスモデルとなるデスクトップ型ワークステーション「ThinkStation E31」「ThinkStation E31 SFF」を発表した。

 ThinkStation E31および同 SFFは、ともにXeon E3-1200 v2シリーズ/Core i3の搭載に対応したデスクトップワークステーションで、ThinkStation E31はミドルタワー型筐体を、ThinkStation E31 SFFは幅99.7ミリの省スペース筐体を採用したモデルだ。

 グラフィックスカードは、ThinkStation E31がQuadro 2000まで、ThinkStation E31 SFFがQuadro 600までの搭載に対応した。ともにメモリは最大32Gバイト、HDDは最大2基を装備可能となっている。価格はThinkStation E31(Core i3搭載構成モデル)が8万5050円から、ThinkStation E31 SFF(Xeon E3-1225 v2搭載構成モデル)が10万6050円から(ともに税込み)。

ge_lenovo_all1205.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.