速報
» 2012年06月05日 23時02分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2012:東芝の“超ワイド”な液晶ディスプレイ搭載Ultrabookを急いでチェック

Intelの基調講演で登場した数多くの“第2世代”Ultrabookの中で、最も注目を集めたのが東芝の“超横長”なモデルだ。まずは、その姿を紹介しよう。

[長浜和也,ITmedia]

21対9と映画館並みの横長Ultrabookは見たことないね

 Intelは、COMPUTEX TAIPEI 2012初日の6月5日に基調講演を行い、“超低電圧版”に相当する“Ivy Bridge”世代のCPUを搭載する各PCメーカーのUltrabookを紹介した。その中に、東芝の“超ワイド”液晶ディスプレイを搭載した「Satellite U845W」があった。

 「1st with Ultra wide cinema scope display」と手書きのただし書きがある、見慣れないほどに横長の液晶ディスプレイを搭載する東芝のUltrabookの姿を速報として紹介する。

 Satellite U845Wの詳細については、Intelの基調講演会場では一切明らかにならなかったが、後日紹介できる……かもしれない。

kn_toshibasok_01.jpgkn_toshibasok_02.jpg 見慣れないほどに横長の液晶ディスプレイを搭載する「Satellite U845W」(写真=左)。サイズは14型ワイドで横縦比は21対9だ。映画のシネマスコープと同じ比率で映画の鑑賞に向いているという。天板はブラウン系に見えるが、照明の影響もあるので、正しい色は後日確認したい。2種類の素材で構成してあって、メタル素材の部分にはヘアラインをあしらっている(写真=右)

kn_toshibasok_03.jpgkn_toshibasok_04.jpg システム構成はまったく不明だが、とりあえず、Core i5シリーズを搭載するのはロゴシールで確認できた(写真=左)。製品名を示すPOPの脇に、シールで「1st with Ultra wide cinema scope display」のメモが手書きであった(写真=右)

kn_toshibasok_05.jpgkn_toshibasok_06.jpg キーボードはアイソレーションタイプ。本体の幅があるので、レイアウトに無理がない(写真=左)、が、Enterキーの右にもキーがある。harman/kardon監修のスピーカーをキーボードの両脇に内蔵する(写真=右)

kn_toshibasok_07.jpgkn_toshibasok_08.jpgkn_toshibasok_09.jpg 左側面には2基のUSB 3.0と有線LANを備え(写真=左)、右側面には、ヘッドフォンとマイク端子、USB 3.0、そして、HDMIを搭載する(写真=中央)。なお、前面にはメディアカードリーダを右寄りに用意する(写真=右)

関連キーワード

Ultrabook | 東芝 | COMPUTEX | Intel | ノートPC | 超低電圧 | Ivy Bridge


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.