ニュース
» 2012年06月06日 17時10分 UPDATE

アイ・オー、D4入力を備えたUSBキャプチャーユニット

アイ・オー・データ機器は、USB 2.0外付け型となる動画キャプチャーユニット「GV-D4HVR」を発売する。

[ITmedia]
photo GV-D4HVR

 アイ・オー・データ機器は6月6日、USB 2.0外付け型となるビデオキャプチャーユニット「GV-D4HVR」を発表、6月中旬に出荷を開始する。価格は2万1000円。

 GV-D4HVRは、USB 2.0接続に対応した外付け型のキャプチャーユニットで、映像入力としてD端子およびSビデオ/コンポジットビデオ入力を装備。最大D4入力までをサポートする。動画変換チップとしてフルHD対応のトランスコーダICを内蔵しており、H.264へのハードウェアエンコードが可能だ。

 ソフトウェアには動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector 9 for I-O DATA」を付属した。本体サイズは約80(幅)×115(奥行き)×26.5(高さ)ミリ、重量は約170グラム。対応OSはWindows XP(SP2以降)/Vista/7。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.