ニュース
» 2012年07月24日 13時20分 UPDATE

SAPPHIRE、“Radeon HD 7970 GHz Edition”採用のハイエンドグラフィックスカード

アスクは、SAPPHIRE製のRadeon HD 7970 GHz Edition採用PCI Exressグラフィックスカード「TOXIC HD7970 GHZ EDITION 6G GDDR5」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]
photo TOXIC HD7970 GHZ EDITION 6G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D / HDMI / DUAL MINI DP

 アスクは7月24日、SAPPHIRE製のRadeon HD 7970 GHz Edition採用PCI Exressグラフィックスカード「TOXIC HD7970 GHZ EDITION 6G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D / HDMI / DUAL MINI DP」の取り扱いを発表、7月下旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は7万円台後半の見込み。

 GPUとして最新のRadeon HD 7970 GHz Editionを採用するPCI Express 3.0 x16接続対応のグラフィックスカードで、メモリとして384ビットGDDR5 6Gバイトを内蔵。動作周波数はコア1.05MHz(ブースト時1.1MHz)/メモリ6GHzで、さらに本体上のオーバークロックボタン「Lethal Boost Button」を用いることでコア1.1GHz(ブースト時1.2GHz)/メモリ6.4GHzで動作させることが可能だ。

 GPUクーラーは92ミリ径ファン2基を備えた「Vapor-X Cooling Design」を搭載した。補助電源は8ピン×2を使用、インタフェースはDVI×1、HDMI×1、DisplayPort×2を利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう