ニュース
» 2012年09月25日 11時00分 UPDATE

らくらくWi-Fi設定+小型ボディ──NEC、低価格無線LANルータの新モデル「AtermWR8165N」

NECアクセステクニカが、スマホ利用者向けの小型シンプルな無線LANルータを投入。初心者も容易に設定できるかんたん無線LAN設定機能も搭載する。

[ITmedia]
photo 「AtermWR8165N」と、セットパッケージPA-WR8165N-ST/Uに含むUSB子機「AtermWL300NU-GS(W)」

 NECアクセステクニカは9月25日、IEEE802.11n対応のベーシック無線LANルータ新モデル「AtermWR8165N」を発表、2012年10月上旬に発売する。ラインアップはルータ本体「PA-WR8156N-ST」とUSBスティック型無線LAN子機をセットにした「PA-WR8165N-ST/U」の2モデル。価格はオープン、実売価格はPA-WR8156N-STが4000円弱、PA-WR8165N-ST/Uが6000円弱と予想される。

 AtermWR8165Nは、従来モデル比で約60%の小型化を実現した小型・省スペースでシンプルデザインのボディと低価格を特長とし、特に急増するスマートフォン利用者に向けたベーシックな家庭用無線LANルータとして展開する。

 無線LANはIEEE802.11b/g/n準拠で最大速度は300Mbps。周波数帯は2.4GHz帯にのみ対応。PC利用者以外に一般スマートフォン利用者も容易に無線LAN設定できるよう、「AtermらくらくQRスタート」「らくらくネットスタートLite」といった簡単無線LAN接続設定機能を用意する。

 簡単設定機能のAtermらくらくQRスタートは、本体背面に記載されたQRコードを読み取るだけで無線LAN接続の設定が行える。読み取り用アプリはAndroid/iOS機器ともに無償ダウンロード提供する。このほか、Androidスマートフォン向け簡単設定アプリ「Atermらくらく無線スタートEX for Android」やWPSによる簡単設定も可能とする。

 らくらくネットスタートLiteは、自宅のインターネット接続設定も含めて家庭内インターネット接続環境設定を容易に行えるようにする機能。利用者の機器や回線状況(光ファイバー、ADSL、CATV回線など)に応じて適切な画面を示し、画面の説明を見ながら設定できる。

 低消費電力性能も推進し、最大消費電力は従来モデル比で50%減となる3ワット。利用シーンや時間帯に応じて機能のオン/オフを自動で切り替える「無線LANスケジュール機能」なども実装する。

 主な仕様は以下の通り。

  AtermWR8165N
無線LAN 2.4GHz帯IEEE802.11b/g/n マルチSSID対応
アンテナ 送信2×受信2(内蔵) デュアルチャネル対応
WAN 100BASE-TX
LAN 100BASE-TX×3
簡単接続機能 AtermらくらくQRスタート、Atermらくらく無線スタート、AtermらくらくネットスタートLite、WPS
消費電力 最大3ワット
本体サイズ 34(幅)×76(奥行き)×109(高さ)ミリ
発売 2012年10月上旬予定
価格 PA-WR8156N-ST:4000円前後、PA-WR8165N-ST/U:6000円前後

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.