ニュース
» 2012年10月12日 11時00分 UPDATE

2012年PC秋冬モデル:タッチ対応液晶を搭載した“Windows 8世代”の14型Ultrabook――「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」

日本HPの2012年秋冬モデルとして登場した「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」は、14型ワイドのタッチ対応ディスプレイを搭載するUltrabookだ。

[ITmedia]

Windows 8を快適に操作できるタッチ対応ディスプレイを搭載

og_hpnote_001.jpg HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の2012年秋冬モデルとして登場した「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」は、タッチ対応液晶ディスプレイを搭載する14型Ultrabookだ。ラインアップは量販店向けの1モデルのみで、実売価格は10万円前後になる見込み。

 天面とパームレストの素材にアルミニウムを用い、タッチパッドをスピン加工で仕上げたデザインやBeats Audio対応のサウンドシステムなどは、14型Ultrabook「ENVY 4-1000」(秋冬モデルではENVY Ultrabook 4-1100に名称を変更した)とほぼ共通で、液晶ディスプレイのみタッチ対応パネルを採用した姉妹機といえる(ただし、タッチ対応ディスプレイの分、本体厚が23ミリと増えている)。

 主なスペックは、CPUがCore i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)、8Gバイトメモリ、32GバイトSSD(mSATA)+500GバイトHDD、Intel HD Graphics 4000、そして1366×768ドット表示対応のタッチ対応液晶ディスプレイという構成だ。また、液晶上部に92万画素Webカメラを備え、ネットワーク機能としてギガビットLANおよびIEEE802.11b/g/n+Bluetoothモジュールを内蔵する。

 インタフェースは、2in1メディアスロット、USB 3.0×2、USB 2.0×1(電源オフUSBチャージ機能付き)、音声入出力など。本体サイズは342(幅)×237(高さ)×23(高さ)ミリ、重量は約2.1キロ。バッテリー駆動時間は約7時間15分。OSはWindows 8がプリインストールされる。

 一方、スタンダードな14型Ultrabookは、「ENVY 4-1000」から「ENVY Ultrabook 4-1100」と名称を変更し、夏から継続して直販向けモデルを販売する。ただし、BTOには対応せず、基本スペックはHP ENVY TouchSmart Ultrabook 4とほぼ共通化されている(カラーリングのみ、ブラック/レッドかブラック/シルバーを選択できる。HP Directplus価格は6万9930円。

 15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載する「ENVY Ultrabook 6-1100」(旧ENVY 6-1000)も同様に、2012年夏モデルからの継続で、OSのみWindows 8に刷新した色違いの2モデル(ブラック/レッドかブラック/シルバー)が量販店向けに用意される。

og_hpnote_002.jpgog_hpnote_003.jpg ENVY Ultrabook 4-1000のブラック/シルバーモデル(写真=左)。ENVY Ultrabook 6-1000のブラック/レッドモデル(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.