ニュース
» 2012年10月22日 17時30分 UPDATE

ソニー、販売一時停止中の「Xperia Tablet S」を11月中旬より販売再開

ソニーは、不具合につき販売を一時停止していたAndroidタブレット「Xperia Tablet S」の販売を11月中旬より順次再開すると発表。購入者への無償点検と修理の受け付けも開始した。

[ITmedia]
tm_1210xperiatabs_01.jpg 9.4型Androidタブレット「Xperia Tablet S」

 ソニーは10月22日、販売を一時停止しているAndroidタブレット「Xperia Tablet S」の販売再開を11月中旬より順次行うと発表した。対象製品は「SGPT121JP/S」「SGPT122JP/S」「SGPT123JP/S」の3モデルだ。

 これらは一部製品において、製造上の不具合によりディスプレイパネルと本体背面に隙間が生じ、仕様上の防滴性能(IPX4相当)を維持できない可能性があると判明。10月5日に販売を一時停止していた。

 また同社は、10月下旬の予定と告知していた購入者への無償点検・修理の受け付けを専用窓口で10月22日に開始した。無償点検・修理の対象となる製品のシリアル番号は、こちらのページで確認できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.