連載
» 2012年10月25日 16時46分 UPDATE

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8」:「深夜販売に行くぞー! 入れるぞー!」──まとめて覚える! Windows 8のセットアップ (1/3)

きょうは10月25日。26日に日付が変わったら、いよいよWindows 8の発売だ。深夜販売で購入してその場で導入するつわものも多いが、そこで必要なセットアップをまとめてみた。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

Microsoftアカウントでセットアップが簡略化

 Windows 8が従来のWindowsと大きく違うのは、統一した1つのアカウントでアプリや各種データを管理する点にある。このアカウントが「Microsoftアカウント」で、従来はWindows Live IDなどの名称で呼んでいた。これが何を意味するのかといえば、同アカウントで過去に登録した情報により、初めてセットアップを行うPCでも、最初から各種設定が完了した状態となる。これまでWindowsが不調になったりマシンを買い換えるたびに再インストールや環境構築に多大な時間を費やしていたのが、セットアップでアカウント情報を入力するだけで、あとは少しの手間で使い始めることができる。「PCの不調を直すために再インストール」というユーザーには、「各種設定を維持したまま環境をリセット」といったオプションもWindows 8では用意する。

 アカウント情報を入力するタイミングは、OSインストール、または、購入したPCを初めて起動した直後だ。アカウント名の入力を求めてくるが、ここで入力したものがMicrosoftアカウントのIDとなる。もし、Windows Live Messengerなどでアカウントを取得しているユーザーの場合、パスワードの確認をしてくる。これで認証が完了すればセットアップは終了だ。MicrosoftアカウントのIDは、Windows 8にログインするときの認証アカウントとなる。ロック画面を解除してスタート画面に移動するには、毎回パスワードを入力する必要がある。「オンラインでないとログインできないの?」という疑問もでてくるが、ネットワーク接続できる環境になく、オフライン状態でロック画面を解除する場合、前回入力したパスワードで認証するようだ。

kn_w8ren1025_01.jpgkn_w8ren1025_02.jpgkn_w8ren1025_03.jpg Windows 8ではセットアップでアカウント名を確認してくるが、これは従来のWindowsと異なり、「Microsoftアカウント」と呼ぶオンライン認証用だ。すでにMessengerやSkyDriveなどで同アカウントを持っているユーザーの場合、当該のメールアドレスを入力すると確認のためのパスワード入力を求めてくる(写真=左、中央)。Windows 8をセットアップ直後で初回起動にもかかわらず、すでに個人設定のいくつかが行われている。これはMicrosoftアカウントの既存設定を引き継ぐためだ(写真=右)

 Windows 8のセットアップが完了してスタート画面が表示すると、いくつかのアプリが「Liveタイル」で情報が定期的に更新しているユーザーもいるだろう。すでに、Windows 8のプレビュー版でMicrosoftアカウントに情報を登録してきたことで、OSのセットアップ直後ながら、これらの情報が引き継がれているためだ。これは「ストア」アプリも同様で、過去に購入したアプリを一覧で表示する。このアプリリストにチェックを入れ、一括でインストールすることも可能だ。また、デフォルトで登録しているアプリについても、アップデートの通知きているはずだ。これはOSを出荷してユーザーの手元に届くまでの間に発生したアップデートを知らせるもので、従来になかったダイナミックなアプリや機能の更新が可能になっていることを意味する。

kn_w8ren1025_04.jpgkn_w8ren1025_05.jpg 「ストア」アプリを起動すると、画面右上に「更新プログラム(6)」と出ている(写真=左)。ここをタップすると、現在アップデートを提供しているアプリを一覧として表示する(写真=右)

kn_w8ren1025_06.jpgkn_w8ren1025_07.jpg ストアアプリの設定メニューを開いて「アプリ」を選択すると、そのユーザーが過去に「Microsoftアカウント」で購入したアプリの一覧を表示して(写真=左)、そのまま購入プロセスを経ずにインストールできる(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.