ニュース
» 2012年11月05日 17時55分 UPDATE

AMD、サーバ向けCPU「Opteron 6300」シリーズを発表

Piledriverコアを採用した「Opteron 6300」シリーズは、「Opteron 6200」との比較で24%性能を向上。ワット当たりの性能も大幅にアップした。

[ITmedia]

 AMDは11月5日、次世代コア・アーキテクチャ「Piledriver」を導入した新プロセッサ「Opteron 6300」シリーズを投入した。これまでのOpteronシリーズ同様に、ハイパフォーマンス・コンピューティングの分野やサーバ向けに提供される。

 新コア技術の採用により、性能アップとさらなる省電力性を実現したのが特徴。従来の「Opteron 6200」シリーズと比較して、JVMサーバ向けベンチマーク「Specjbb2005」で最大24%性能を向上したという。また、ワット当たりの性能も最大40%ほど引き上げられている。Opteron 6300シリーズのラインアップと主な仕様、価格は以下の通りだ。

AMD Opteron 6300シリーズ
CPU型番 CPUコア数 ベースクロック Turbo CORE時(最大) TDP  価格(米ドル)
6386 S  16  2.8 GHz  3.5 GHz  140W  1392
6380  16  2.5 GHz  3.4 GHz  115W  1088
6378  16  2.4 GHz  3.3 GHz  115W  867
6376  16  2.3 GHz  3.3 GHz  115W  703
6348  12  2.8 GHz  3.4 GHz  115W  575
6344  12  2.6 GHz  3.2 GHz  115W  415
6328  3.2 GHz  3.8 GHz  115W  575
6320  2.8 GHz  3.3 GHz  115W  293
6308  3.5 GHz  N/A  115W  501
6366 HE  16  1.8 GHz  3.1 GHz  85W  575

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.