ニュース
» 2012年11月09日 14時17分 UPDATE

Apricorn、2.5インチSSDを“PCI Express接続化”できる変換カード「Velocity Solo」

アスクは、米Apricorn製となるSATAーPCI Express変換カード「Velocity Solo」シリーズの取り扱いを発表。ボード上に2.5インチデバイス1基を装着できる。

[ITmedia]

 アスクは11月9日、米Apricorn製となるSATAーPCI Express変換カード「Velocity Solo」シリーズの取り扱いを発表、11月中旬に販売を開始する。ラインアップは、PCI Express x1接続対応の下位モデル「Velocity Solo X1」、PCI Express x2接続対応の上位モデル「Velocity Solo X2」の2製品を用意。予想実売価格はそれぞれ5980円/1万1800円前後だ。

photophotophoto Velocity Solo X1(左)、Velocity Solo X2(中/右)

 Velocity Soloシリーズは、PCI Express接続に対応したSATA変換カードで、ボード上に2.5インチSSD/HDDを1基搭載できる。接続インタフェースはSATA 6Gb/s対応ポート2基を搭載(うち1基を搭載SSD/HDDで占有)、転送速度はVelocity Solo X1が最大400Mバイト/秒。Velocity Solo X2は最大550Mバイト/秒となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう